ギンブナの飼育方法:特徴や飼い方のポイントは?どこで販売されてるの?寿命は?

ギンブナは昔から日本の河川などで見かけることができ、親しみがある川魚です。ペットショップなどで販売されているフナはギンブナを指すことが多く、もっともポピュラーなフナ種といっても良いでしょう。また、初心者にも飼いやすく、川魚の飼育を検討している方にもおすすめの魚です。

今回は、ギンブナの飼育方法や寿命などの特徴などを紹介していきます。

ギンブナの特徴は?寿命はどのくらい?

ギンブナ画像元:楽天市場

ギンブナはコイ目コイ科コイ亜科に属する淡水魚で、地域によってはマブナとも呼ばれています。日本全国の河川に分布しており、海外では台湾(たいわん)や朝鮮(ちょうせん)半島、中国(ちゅうごく)に生息しています。

寿命は5年前後でふ化から1〜2年かけて成魚になります。成長すると最大30cm前後に成長しますが、飼育下では20cm前後にとどまることが多いです。

食性は雑食性で、藻類や水生昆虫などを捕食します。

ギンブナの飼育は難しい?飼うときのコツは?

ギンブナは水質の悪化やある程度の水温変化にも適応することができるので、飼育しやすく初心者にもオススメです。性格も穏やかなので、他の種類との混泳も可能で導入しやすいです。

混泳のルールや注意点は?

ギンブナは混泳が可能な川魚ですが、泳ぎが緩やかな魚との混泳が推奨されますので、イワナなどとの泳ぎが早い魚との混泳は避けましょう。

また、ストレスを与えないために、混泳する水槽を作る場合には水草を多めに植えたり、隠れ家になる岩を設置したりして魚が逃げられる避難場所を作るようにしましょう。ギンブナが落ち着ける場所がないと、水槽内で暴れて落下事故につながる可能性があります。

ギンブナはどこで販売されてるの?購入するときの選び方は?

ギンブナは300円前後でペットショップやネット通販などから購入することができます。身近なホームセンターなどでも購入が可能ですが、きれいな緑褐色の個体を入手しましょう。

選び方のコツは、色が白っぽい白点病にかかっているような症状の個体は避け、元気に泳ぐ個体を選ぶようにしましょう。

名前:ギンブナ

税込価格:500円

販売サイトで見る

ギンブナに適した水槽の大きさは?

ギンブナに適した水槽の大きさは?ギンブナは30cm前後に成長するので、最低でも60cm以上の水槽で飼育しましょう。

水槽内には砂利を敷いて水草を設置してあげると、その間に入って身体を休めたり、他の魚から隠れたりしますので必ず設置しましょう。

また、緩やかな流れを好みますので、水流はなくてもよいですが、必要な場合は弱めに設定します。

ギンブナの飼育に必要なアイテムは?

水槽以外には下記のような機材を用意しましょう。

水槽設置に必要な機材

  • 照明
  • ろ過装置
  • ヒーター、クーラー・冷却ファン
  • 水質調整剤・カルキ抜き
  • エアレーション
  • ガラスブタ
  • 隠れ家

その他の道具

  • 熱帯魚用の網
  • ピンセット、バケツ
  • 掃除グッズ

底砂は細かい粒のものを選ぶようにしましょう。土ではなく、砂利の方が好む傾向にあります。

水槽の立ち上げ方は?

  1. 水道水にカルキ抜きを入れ、透明になるまで待ちます。
  2. 砂利やアクセサリーを洗って水気を切り、レイアウトしましょう。
  3. 水が泡立たないように静かに入れていきます。水が泡立ってしまうと汚れが舞ってしまいなかなか水質が安定しないのでやめましょう。
  4. ろ過装置起動、ヒーターをつけて水を循環させ、水槽内の水に酸素を含ませます。その状態で2日程おきましょう。
  5. 酸素が水槽内を循環することにより、バクテリアが発生しフィルターに定着したら水質が安定するので水槽の立ち上げが完了です。

水槽の立ち上げを完了してからギンブナを入手して水合わせをしましょう。

水合わせの手順は?ギンブナに適した水温や水質は?

ギンブナに適した水温は25℃前後です。30℃以上の高温にはならないように気をつけて夏はクーラー等を使用します。水質は中性に保つようにしましょう。ph7.0前後にします。

  1. 水槽のセットが完了したら入手してきたギンブナを袋ごと1時間水槽に浮かべて袋と水槽の水温をあわせます。
  2. 袋の水を3分の1捨て、水槽の水を少量入れて40分程おきます。
  3. 2を2〜3回繰り返して水質をあわせます。その後ギンブナのみ水槽に移し、袋の水は捨てます。

ギンブナの餌は?与える頻度は?

餌は何を食べる?与え方は?餌は川魚用の餌を与えましょう。与える量は、1日2回2~3分で食べ切れる量を与えて残った餌は取り除きます。

水換えの時期と方法は?

7日に1回を目安に下記の手順を参考に汚れた水を交換します。

  1. 新しい水を作ります。
  2. 水槽の3分の1を排水します。
  3. 排水した分の水を足し水して完成です。

月に1回は水槽、アクセサリー類を洗いましょう。歯ブラシなどを使用して細かい滑りなども取り除きます。

ギンブナを飼育する上での注意点は?かかりやすい病気は?

ギンブナを飼育する上での注意点は?かかりやすい病気は?ギンブナはとても丈夫な魚ですので、病気にも強いですが、導入時に水合わせをしっかり行わないと白点病にかかってしまうことがあります。白点病の症状がでた場合、離隔して、水温を1℃高くして治療を行い、食塩浴や薬浴を行いましょう。

また、金魚などとの混泳は金魚に突っつかれてけがをする場合がありますので、穏やかな魚との混泳が望ましいです。流れをつけなくても飼育可能なフナ類などと混泳がおすすめです。

強い光や音に敏感なので、水槽の設置場所などに注意して、静かな飼育環境を作ってあげましょう。

ギンブナが餌を食べない原因は?

ギンブナが餌を食べない場合、まずはミジンコなどの生き餌を与えてみて様子をみましょう。それでも食べない場合は、白点病などの病気にかかっている可能性があります。水質が悪化しているようならば、水換えを行いきれいにして少し様子を見ましょう。砂利などに汚れがたまっていると水質の悪化につながり、食欲減退の症状が現れますので、砂利も定期的に掃除しましょう。

身体の大きな個体に餌をたべられてしまっていないか確認しましょう。もし、他の個体に邪魔されて餌を食べられないようなら、給餌の回数を増やして少量ずつ与えるようにして、水槽全体に餌が行き渡るようにしましょう。

ギンブナの魅力とは

ギンブナは飼育管理も簡単で、安価に購入することができるので育初心者にもオススメな魚です。金魚などと比べると色的に地味ですが、よく見るとかわいらしい顔つきをした魚ですよ。

この記事を読んでギンブナに興味を持っていただければ幸いです。





「熱帯魚屋」初めませんか?


アクアリウム生活では、個人の方にも安心して熱帯魚の仕入れができる卸販売サービス「アクスタ卸」を行っております。これから熱帯魚の販売をされる方、卸業者をお探しの方は、価格表をお送り致しますので、是非一度お問い合わせ下さい。
※価格表をお送りする前に審査が必要となる場合がございます。

必須組織形態 法人個人
必須御社名
※法人の場合は会社名・個人の場合は屋号を入力してください
必須ご担当者名
必須メールアドレス
必須電話番号
必須ご住所
必須営業形態 通販のみ店舗のみ両方まだ持っていない
ホームページURL
※すでにHPや通販サイトをお持ちの方はご入力下さい
ご質問・ご要望
※お聞きしたいことなどございましたらご記入下さい

プライバシーポリシーに同意の上でお問い合わせください

返信は土日祝日問わず、24時間以内を心がけておりますが、混みあっている場合は、遅れてしまう場合もございます。また、2日以上たっても返信がない場合は、記入して頂いたメールアドレスに不備がある可能性もございますので、お手数おかけしますが、再度お問い合わせ頂きますようお願いいたします。