ウグイの飼育方法:餌は何を食べるの?寿命はどのくらい?

日本の川魚としてポピュラーなウグイは観賞魚としても人気の魚です。繁殖期には腹部分が赤く色づき、婚姻色も美しいですよ。丈夫な種類ですから、初心者にもオススメですよ。

今回は、ウグイの飼育方法や餌、寿命などについてご紹介していきます。

ウグイとはどんな魚?寿命はどのくらい?

ウグイウグイはコイ目コイ科ウグイ亜科に分類される淡水魚です。日本の緩やかな流れの河川に生息しています。寿命は3年前後で、成長すると全長50cm前後に成長しますが、飼育下では30cm前後にとどまることが多いです。

体色は赤褐色から灰褐色の身体を黒いラインが一本入っています。雄は春先の繁殖期に赤いラインが三本入った鮮やかな婚姻色に色づきます。

食性は植物性寄りの雑食性で、ミミズや水生昆虫、藻類などを捕食しています。

ウグイは飼育しやすい魚

ウグイは丈夫で初心者にも飼育しやすい魚です。しかし、細長い身体で遊泳スピードが速く、水槽に追突する可能性があるので、水槽内を保護するなどの工夫が必要です。

見た目が似ているアブラハヤなどがいるので、間違えないようにしましょう。

ウグイとの混泳のルールやおすすめの魚は?

ウグイは同種同士で群れて泳ぐことを好む魚ですので、複数での飼育が推奨されます。同じハヤ類とでしたら混泳が可能で、オイカワなどとも混泳できます。

しかし、水槽に多く入れすぎてしまうとストレスから暴れてしまい、落下や追突による突然死の原因にもなりますので、数を調節して入れるようにしましょう。

フナなどは流れが苦手なので、混泳不可になります。

ウグイの価格は?選び方のポイントは?

通販やペットショップなどで約500円〜1,000円前後で購入可能です。体表のうろこが傷つきやすく、細菌感染しやすい面があるので、身体がきれいな個体を選びましょう。ワンサイズ大きめの個体は抵抗力も強く安心です。

名前:ウグイ(1匹)

税込価格:500円

販売サイトで見る

ウグイに適した水槽は?大きさは?

ウグイに適した水槽は?大きさは?ウグイは50cm前後と比較的大型に成長しますので、60cm〜90cmの水槽を用意しましょう。また、遊泳範囲も広く、群れて泳ぐことを好むので複数で飼育することを考慮して広めの水槽を準備するのがオススメです。水槽内には流れをつけられるように循環型のろ過装置を設置するようにしましょう。ウグイは飛び跳ねやすく、水槽内から落下しやすいのでフタは必ず設置します。

ウグイの飼育に必要な道具は?

水槽以外には下記のような機材を用意しましょう。

水槽設置に必要な道具

  • 照明器具
  • ろ過装置
  • ヒーター等
  • 水質調整剤・カルキ抜き
  • エアレーション
  • ガラスブタ
  • 温度計

その他の道具

  • 熱帯魚用の網
  • ピンセット、バケツ
  • 掃除グッズ

砂底は川魚に適した素材であれば制限は特にありません。しかし、身体が傷つきやすいので先のとがった石や流木などは水槽内に置かないようにしましょう。

ウグイに適した水槽の立ち上げ方は?

  1. 水道水にカルキ抜きを入れ、透明になるまで待ちます。
  2. 水が泡立たないように静かに入れていきます。水が泡立ってしまうと水中内の汚れが舞ってしまいなかなか水質が安定しないのでやめましょう。
  3. ろ過装置起動、ヒーターをつけて水を循環させ、水槽内の水に酸素を含ませます。その状態で2日程おきましょう。
  4. 酸素が水槽内を循環することにより、バクテリアが発生しフィルターに定着したら水質が安定するので水槽の立ち上げが完了です。

水槽の立ち上げを完了してからウグイ入手して水合わせをしましょう。

水合わせの手順は?ウグイに適した水温・水質は?

ウグイに適した水温は18℃〜20℃です。水質は中性性に保つようにしましょう。ph7.0前後にすると適応しやすいです。夏場の気温が上がりやすい時期にはクーラーや冷却ファンを利用して水温が上がらないようにしましょう。

水合わせの手順
  1. 水槽のセットが完了したら入手してきたウグイを袋ごと1時間水槽に浮かべて袋と水槽の水温をあわせます。
  2. 袋の水を3分の1捨て、水槽の水を少量入れて40分程おきます。
  3. これを2〜3回繰り返して水質をあわせます。その後ウグイを水槽に移し、袋の水は捨てます。

ウグイの餌は?与える頻度は?

餌は川魚用の人工飼料で問題ありません。併用して赤虫やミジンコ、葉野菜などを与えてバランスよく給餌しましょう。1日2回2~3分で食べ切れる量を与えましょう。せわしなく動いて餌を食べますので、水が汚れを巻き上げて濁ることがらあります。

水換えの時期は?方法は?

7日に1回を目安に下記の手順を参考に汚れた水を交換します。

  1. カルキ抜きした水を用意します。
  2. 水槽の3分の1を排水します。
  3. 排水した分新しい水を足して、水質に問題がなければ水換え完了です。

月に1回は水槽もスポンジで掃除するようにして、滑りを取り除いて下さい。

ウグイを飼育する上での注意点は?どんな病気に注意すべき?

ウグイを飼育する上での注意点は?どんな病気に注意すべき?ウグイは丈夫なので、ほとんど病気になることはありませんが、導入時に白点病に感染することがありますので、トリートメントをしっかりと行った上で導入するようにしましょう。季節の変わり目には特に病気になりやすいので注意しましょう。

また、ウグイは飛び跳ねる力が強く水槽からの落下が多い魚でもあります。一度落下してしまうとそのショックから突然死したり、うろこが剝がれてけがをしたりする原因にもなりますので、注意が必要です。特に給餌の際に、興奮して飛び跳ねることが多いので注意しましょう。

ウグイが餌を食べない原因は?対処法は?

ウグイは高温が苦手ですので、水温計で温度が急激に変化していないか確認しましょう。弱ってしまうと水面に浮いてしまい、拒食になってしまうことがあります。また、水槽に追突した衝撃から動けなくなる個体もいますのでまた観察してみましょう。パニックになると酸欠に陥りしきりにエラを動かして苦しそうに泳ぐ様子をみせるので、落ち着くまでその個体を隔離してエアレーションで酸素を送りながら経過観察してみましょう。

人工飼料だけでなく、赤虫やミジンコなどの動物性たんぱく質も与えましょう。

ウグイの魅力とは?

ウグイはポピュラーな川魚で、美しい見た目と細長いスタイリッシュな身体つきが魅力的な魚です。飼育条件も厳しくないので、川魚飼育の入門編としてもオススメですよ。混泳相手が複数いることも魅力の一つですね。

この記事を参考に、ウグイの飼育に興味をもって頂けたら幸いです。





「熱帯魚屋」初めませんか?


アクアリウム生活では、個人の方にも安心して熱帯魚の仕入れができる卸販売サービス「アクスタ卸」を行っております。これから熱帯魚の販売をされる方、卸業者をお探しの方は、価格表をお送り致しますので、是非一度お問い合わせ下さい。
※価格表をお送りする前に審査が必要となる場合がございます。

必須組織形態 法人個人
必須御社名
※法人の場合は会社名・個人の場合は屋号を入力してください
必須ご担当者名
必須メールアドレス
必須電話番号
必須ご住所
必須営業形態 通販のみ店舗のみ両方まだ持っていない
ホームページURL
※すでにHPや通販サイトをお持ちの方はご入力下さい
ご質問・ご要望
※お聞きしたいことなどございましたらご記入下さい

プライバシーポリシーに同意の上でお問い合わせください

返信は土日祝日問わず、24時間以内を心がけておりますが、混みあっている場合は、遅れてしまう場合もございます。また、2日以上たっても返信がない場合は、記入して頂いたメールアドレスに不備がある可能性もございますので、お手数おかけしますが、再度お問い合わせ頂きますようお願いいたします。