タモロコの飼育方法:寿命は?餌は何を食べるの?琵琶湖に生息してるの?

タモロコは日本の河川や湖、水田に生息している昔ながらの川魚です。琵琶湖(びわこ)の固有種であるホンモロコに外見が似ていますが、タモロコの方が細長い特徴があります。昔から観賞魚として飼育されて来たタモロコですが、野生の種類はブルーギルなどの外来種に捕食されてしまい、数が減少傾向にあります。

今回は、タモロコの飼育方法や餌、寿命などの特徴を紹介していきます。

タモロコとは?寿命はどのくらい?

タモロコタモロコはコイ目コイ科バルブス亜科に分類される淡水魚で、日本各地に生息しています。主に中部地方より以西の本州(ほんしゅう)、九州四国の水田や流れの緩やかな河川に生息しています。寿命は3年〜5年前後で、成長すると全長12cm前後に成長し、口元には2本のヒゲが生えています。食性は雑食性で藻類や水生昆虫、糸ミミズなどを捕食して生活しています。

タモロコの飼育は難しい?飼うときのコツは?

タモロコは日本の気候に馴染みやすく、観賞魚としても飼育しやすい魚です。緩やかな流れを好むので、水槽内に流れを作ってあげると環境に馴染みやすく飼育もしやすいでしょう。小型な面からも飼育はしやすいです。

タモロコと混泳はできる?おすすめの魚は?

タモロコは同種同士で群れて泳ぐことを好む魚ですので、複数購入して飼育することが推奨される魚です。また、底性のドジョウなどとの混泳も可能です。しかし、甲殻類やエビ類はタモロコが捕食してしまう場合がありますので、混泳は避けましょう。同じ緩やかな流れを好む川魚との混泳もできますが、タモロコ同士での混泳がオススメです。

タモロコはどこで販売されてるの?価格は?

タモロコはペットショップやネット通販等で1,000円前後から販売されています。オスメス混同で販売していることがほとんどです。選び方のポイントは体色が綺麗なものを選ぶようにします。

名前:タモロコ

税込価格:300円

販売サイトはこちら

タモロコの飼育に適した水槽の大きさは?

タモロコの飼育に適した水槽の大きさは?タモロコは小型の魚ですので、45cm水槽でも飼育可能です。群れて泳ぐ姿がよく見られる魚ですので、複数で飼育する場合や数が多くなる場合には60cmからの水槽を選ぶようにしましょう。緩やかに循環するタイプのろ過装置を使用します。水草のある環境を好みますので、隠れ家や水草を入れてあげましょう。

タモロコの飼育に必要なアイテムは?

水槽以外には下記のような機材を用意しましょう。

水槽設置に必要な機材

  • 照明器具
  • ろ過装置
  • ヒーター等
  • 水質調整剤・カルキ抜き
  • エアレーション
  • ガラスブタ
  • 温度計

その他の道具

  • 魚用の網
  • ピンセット、バケツ
  • 掃除グッズ
  • 隠れ家

砂底は川魚用の砂利が砂を使用するのがオススメです。水田などに生息していますので土のある環境も好みます。

タモロコの飼育準備!水槽の立ち上げ方

  1. 水道水にカルキ抜きを入れ、透明になるまで待ちます。
  2. 水が泡立たないように静かに入れていきます。水が泡立ってしまうと水中内の汚れが舞ってしまいなかなか水質が安定しないのでやめましょう。
  3. ろ過装置起動、ヒーターをつけて水を循環させ、水槽内の水に酸素を含ませます。その状態で2日程おきましょう。
  4. 酸素が水槽内を循環することにより、バクテリアが発生しフィルターに定着したら水質が安定するので水槽の立ち上げが完了です。

水槽の立ち上げを完了してからタモロコ入手して水合わせをしましょう。

水合わせの手順は?タモロコに適した水温や水質は?

タモロコに適した水温は23℃〜25℃前後です。水質は弱酸性に保つようにしましょう。ph7.0前後にすると適応しやすいです。

トリートメントを丁寧にしてから水槽に移しましょう。

  1. 水槽のセットが完了したら入手してきたタモロコを袋ごと1時間水槽に浮かべて袋と水槽の水温をあわせます。
  2. 袋の水を3分の1捨て、水槽の水を少量入れて40分程おきます。
  3. これを2〜3回繰り返して水質をあわせます。その後タモロコを水槽に移し、袋の水は捨てます。

タモロコの餌は?1日に与える量や頻度は?

人工飼料でもよく食いつきます。赤虫や藻類なども食べますので、おやつ代わりに与えると喜んで食べます。1日2回食べ切れる量の餌を与えましょう。

水換えの時期は?

7日に1回を目安に下記の手順を参考に汚れた水を交換します。

  1. 新しい水を用意します。
  2. 水槽の3分の1の水を排出します。
  3. 排出した分を足し水し水換え完了です。

水換えの際は飛び出し事故に気をつけて必ずフタを閉めるようにしましょう。

タモロコを飼育する上での注意点

タモロコを飼育する上での注意点タモロコは丈夫ですが水質悪化や水温が変化したりするとストレスから衰弱してしまう場合があります。放っておくと水カビ病や白点病になり治療が必要になりますので、早めに水換えをして対応するようにしましょう。必要に応じて水換えをして、月に一回は砂利も洗うようにして清潔に保ちます。砂利の底にゴミをためたままにしておくと、寄生虫や水カビが発生しやすくなるので、定期的に清潔に保つようにしましょう。

タモロコが餌を食べない原因と対処法は?

タモロコは水温が低いと動きが鈍くなり、餌を食べないことがあります。また、タモロコは小食ですので、餌の与え過ぎは病気や消化不良の原因になります。複数回に分けて与えるようにしましょう。

また、人工飼料にもよく餌付くので給餌はしやすい魚ですが、口が小さいので口のサイズにあった餌を与えるようにしましょう。イトミミズやミジンコなどの嗜好性の高い餌と合わせて与えると餌に食いつきやすくなりますので、拒食気味の時には混ぜて与えます。

タモロコの魅力とは

タモロコは日本人から親しまれている昔ながらの魚です。河川の風情を水槽内に再現できる魅力的な川魚で、シルバーの色合いも美しいですよ。この記事を読んでタモロコに興味を持って頂けたら幸いです。





「熱帯魚屋」初めませんか?


アクアリウム生活では、個人の方にも安心して熱帯魚の仕入れができる卸販売サービス「アクスタ卸」を行っております。これから熱帯魚の販売をされる方、卸業者をお探しの方は、価格表をお送り致しますので、是非一度お問い合わせ下さい。
※価格表をお送りする前に審査が必要となる場合がございます。

必須組織形態 法人個人
必須御社名
※法人の場合は会社名・個人の場合は屋号を入力してください
必須ご担当者名
必須メールアドレス
必須電話番号
必須ご住所
必須営業形態 通販のみ店舗のみ両方まだ持っていない
ホームページURL
※すでにHPや通販サイトをお持ちの方はご入力下さい
ご質問・ご要望
※お聞きしたいことなどございましたらご記入下さい

プライバシーポリシーに同意の上でお問い合わせください

返信は土日祝日問わず、24時間以内を心がけておりますが、混みあっている場合は、遅れてしまう場合もございます。また、2日以上たっても返信がない場合は、記入して頂いたメールアドレスに不備がある可能性もございますので、お手数おかけしますが、再度お問い合わせ頂きますようお願いいたします。