ゼゼラの飼育方法:どこで販売されてるの?飼い方のポイントは?

琵琶湖の善処付近で発見されたことからその名前がついたゼゼラは、日本固有種の淡水魚です。長めの背びれと茶褐色の身体が特徴的で代表には模様が入っています。美しい体色のゼゼラは日本人に昔から親しまれている魚なんですよ

今回は、そんなゼゼラの飼育方法について紹介していきます。

ゼゼラとはどんな魚?

ゼゼラとはどんな魚?画像元:Amazon

ゼゼラはコイ目コイ科カマツカ亜科ゼゼラ属に分類される魚です。日本の琵琶湖、淀川水系の河川に生息しており、関東地方にはアユの放流に伴う移入分布になります。寿命は2〜3年で、全長は8cmほどまでに成長します。背びれが長く、ヒゲがないのが特徴です。食性は雑食性であり、イトミミズや藻類などを食べます。底生ですが砂には潜りません。

ゼゼラの飼育の難易度は?飼うときのポイントは?

ゼゼラは日本の気候に馴染みやすいので飼育は容易です。性格も穏やかなので、混泳もしやすく、初心者にもオススメの魚です。底生の魚ですので流れの緩やかな環境を用意してあげると良いでしょう。水質の変化にも強いです。

ゼゼラとの混泳はできる?

ゼゼラは大人しい魚ですので、同サイズの性格の穏やかな川魚とでしたら混泳できます。ただし、同じ底生のドジョウなどとは喧嘩する可能性がありますので避けましょう。また、流れが強いのを好む魚との混泳も飼育環境の違いから避けるようにします。

ゼゼラはどこで販売されてるの?

ゼゼラは入荷数が少なくなかなかショップに出回らないため、入手するまでに時間がかかる場合があります。基本取り寄せになりますので、ショップに相談してみましょう。販売価格は1,000〜2,000円前後で入手可能です。

ゼゼラに適した水槽の大きさは?

ゼゼラに適した水槽の大きさは?ゼゼラの飼育には45cm水槽からでも飼育が可能です。他の魚との混泳を考えている場合には広めの水槽を用意しましょう。また、ゼゼラは底生の魚で飛び出し事故は少ない魚ですが、飛び出してしまうと怪我をして弱ってしまいますのでフタをして飼育するようにしましょう。

ゼゼラの飼育に必要なアイテムは?

水槽以外には下記のような機材を用意しましょう。

水槽設置に必要な機材

  • 照明器具
  • ろ過装置
  • ヒーター等
  • 水質調整剤・カルキ抜き
  • エアレーション
  • 頑丈なガラスブタ
  • 温度計

その他のアイテム

  • 魚用の網
  • ピンセット、バケツ
  • 掃除グッズ
  • 沈下生の人工飼料

砂底を敷く場合には丸みを帯びた角のないものを選ぶようにします。大磯砂利などがオススメです。

水槽の立ち上げ方

ゼゼラを入手する前に水槽の立ち上げを完了させておきましょう。

  1. 水道水にカルキ抜きを入れ、透明になるまで待ちます。
  2. 水が泡立たないように静かに入れていきます。水が泡立ってしまうと水中内の汚れが舞ってしまいなかなか水質が安定しないのでやめましょう。
  3. ろ過装置起動、ヒーターをつけて水を循環させ、水槽内の水に酸素を含ませます。その状態で2日程おきましょう。
  4. 酸素が水槽内を循環することにより、バクテリアが発生しフィルターに定着したら水質が安定するので水槽の立ち上げが完了です。

水槽の立ち上げを完了してからゼゼラを入手して水合わせをしましょう。

ゼゼラに適した水温・水質は?水合わせの手順は?

ゼゼラに適した水温は23〜24℃前後です。冬場の水温低下に注意しましょう。水質は中性でph7.0前後にします。

  1. 水槽のセットが完了したら入手してきたゼゼラを袋ごと1時間水槽に浮かべて袋と水槽の水温をあわせます。
  2. 袋の水を3分の1捨て、水槽の水を少量入れて40分程おきます。
  3. 2を2〜3回繰り返して水質をあわせます。その後ゼゼラを水槽に移し、袋の水は捨てます。

ゼゼラの餌は?与える頻度は?

ゼゼラは人工飼料でも問題ありませんが、小食で餌への食いつきが悪い場合がありますので、イトミミズなどを併用して与えましょう。1日2回2~3分で食べきれる量を与えましょう。

水換えの時期や方法は?

7日に1回を目安に下記の手順を参考に汚れた水を交換します。

  1. 新しい水を用意します。
  2. 水槽の3分の1を排水します。
  3. 排水した分の水を足し水して水質に問題がなければ完了です。

隠れ家や砂利類も定期的に洗うようにして清潔に保つようにしましょう。

ゼゼラを飼育する上での注意点は?どんな病気にかかりやすい?

ゼゼラを飼育する上での注意点は?どんな病気にかかりやすい?ゼゼラは水質の悪化や、環境の変化が激しい場合ストレスから白点病になります。さらには混泳相手との相性が悪いと喧嘩になり、怪我をする原因になりますので注意して観察しましょう。高温には弱い魚ですので、水温水温が変化しないように温度管理をして水温が変化しないようにします。特に夏場はクーラーや冷却ファンを使用して上がらないようにしましょう。フタを閉めて飼育し、ゼゼラが飛び出してショック死しないように気をつけましょう。

ゼゼラが餌を食べない原因は?対処法は?

ゼゼラは生き餌の方が食いつきが良いので、人工飼料と混ぜて与えてみましょう。水質が変化して白点病などの病気にかかると餌を食べなくなりますので、病気にならないように定期的に水換えをして水質を管理します。病気になってしまった場合にはその個体を隔離して薬浴などで治療してから餌を与えるようにしましょう。ゼゼラは痩せやすく、拒食になりやすい魚です。はじめは口元に餌を持っていき、餌を確実に食べられるようにしましょう。

ゼゼラの魅力とは

ゼゼラは日本の気候に馴染みやすく、川魚の中でも美しい茶褐色の色合いが魅力的です。性格もおとなしく飼育しやすいのもうれしいですね。





「熱帯魚屋」初めませんか?


アクアリウム生活では、個人の方にも安心して熱帯魚の仕入れができる卸販売サービス「アクスタ卸」を行っております。これから熱帯魚の販売をされる方、卸業者をお探しの方は、価格表をお送り致しますので、是非一度お問い合わせ下さい。
※価格表をお送りする前に審査が必要となる場合がございます。

必須組織形態 法人個人
必須御社名
※法人の場合は会社名・個人の場合は屋号を入力してください
必須ご担当者名
必須メールアドレス
必須電話番号
必須ご住所
必須営業形態 通販のみ店舗のみ両方まだ持っていない
ホームページURL
※すでにHPや通販サイトをお持ちの方はご入力下さい
ご質問・ご要望
※お聞きしたいことなどございましたらご記入下さい

プライバシーポリシーに同意の上でお問い合わせください

返信は土日祝日問わず、24時間以内を心がけておりますが、混みあっている場合は、遅れてしまう場合もございます。また、2日以上たっても返信がない場合は、記入して頂いたメールアドレスに不備がある可能性もございますので、お手数おかけしますが、再度お問い合わせ頂きますようお願いいたします。