ウィローモスの育て方:増やし方やトリミングの仕方は?枯れる原因は?

ウィローモスは、柳のような柔らかな草体が印象的な水草です。安価で入手しやすく、育てやすいためアクアリウムレイアウトでは人気の高い水草です。トリミングのコツさえ押さえれば管理もしやすく、さまざまなレイアウトにも使用できるため、初心者の方にもおすすめですよ。

今回は、ウィローモスの特徴や育て方・トリミングや増やし方などのコツについてご紹介します。

ウィローモスってどんな草?

ウィローモスウィローモスはミズゴケ科の水草の一種で、日本を含む世界の温帯・熱帯地域に生息しています。細長い葉を柳のように茂らせるのが特徴的で、草体は30cm以上に成長します。水中栽培が可能なため、アクアリウム水槽での育成に向いています。ものに着生する習性を活かして、岩や流木に活着させるレイアウトや、器材などを隠すカムフラージュに使用されることが多いです。ほふくする性質もあるため、水槽の底に敷いて芝生や草原のようにレイアウトする方法もおすすめです。また、水中に浮遊しながら成長する性質もあり、ベアタンクにも導入できます。湿地での育成も可能なので、アクアテラリウムなどの陸地栽培にも適しています。

ウィローモスの育て方はむずかしい?

ウィローモスの育成難度は低めで、低光量のもとで二酸化炭素(CO2)の添加をしなくとも育てることが可能です。幅広い水質に適応するため、丈夫で管理しやすい水草です。土に根を張らない習性があるので、釣り糸などで岩や流木にくくり付けて着生させましょう。

ウィローモスの増やし方のコツは?

ウィローモスは繁殖力が強いので自然に増えますが、トリミングによってさらに育成スピードを上げることができます。2,3mm~数cm程度にカットすれば、次々に分枝して増えていきます。頑丈なので、手でちぎっても差し支えありません。このときカットした部分を、岩や流木に着生させて増やすことも可能です。

ウィローモスのトリミングの仕方は?

ウィローモスは剪定を繰り返した方がきれいに成長しますので、小まめにトリミングを行いましょう。草体の上部にボリュームが出やすいため、下の部分が影にならないよう定期的にカットします。また、生育速度に差が出やすいので、外観や成長スピードをそろえることにも役立ちます。

ウィローモスを購入するときの選び方は?

ウィローモスを購入する際は、草体に変色している箇所などがないかをチェックします。いくつか種類がありますので、形状や育て方などを確認して選びましょう。農薬が使用されている場合、他の生体に影響を及ぼすことが多いので無農薬の草体を購入することをおすすめします。

名前:ウィローモス(無農薬)(1パック)

税込価格:1,260円

販売サイトで見る

ウィローモスに適した水温や水質は?

ウィローモスに適した水温や水質は?ウィローモスに適した水温は18度~30度で、幅広い水温に適応する性質を持っています。水質についても弱酸性~弱アルカリ性の軟水~中硬水に適応するため、水質にうるさくなく、管理しやすい水草としても知られています。

ウィローモスの水質浄化効果は?

ウィローモスは、水質浄化のためにベアタンク水槽に導入されることも多く、水質浄化効果に期待できる水草です。ボリューム豊かに育成すれば、多くの酸素を供給する働きをしてくれるでしょう。また、成長スピードが速く繁殖力も強いので、水中の余分な養分を吸収してくれます。富栄養化や藻の発生を防ぐなど、水質のコントロールにも役立つでしょう。

ウィローモスが枯れる原因と対処法

ウィローモスが枯れる原因と対処法ウィローモスが枯れた場合は、まず水槽内の環境を確認してください。水温が低すぎないか、水質が酸性・アルカリ性のどちらかに傾いていないかをチェックし、必要に応じて調整しましょう。また、コケが原因で弱ることもあります。コケが付きにくいといわれているウィローモスですが、糸状ゴケが付着することがあるので注意しましょう。コケを確認したら、付着した箇所をトリミングして除去します。コケの予防には、貝類やエビ類などのコケ取り係を同居させることが効果的です。

ウィローモスと相性のよい魚・悪い魚は?

相性のよい魚、悪い魚は?

相性のよい魚

ウィローモスと相性のよい魚は多岐に渡り、グッピーやベタ、エンゼルフィッシュやテトラ類など、多くの淡水魚と同居させることができます。特に、ビーシュリンプなどシュリンプ類との相性がとてもよく、隠れ家や餌として役立ちます。コケ対策係として知られるミナミヌマエビやヤマトヌマエビとの同居もおすすめです。混泳の水槽においても、ウィローモスの茂みが逃げ場所や隠れ家になり、魚たちの縄張り意識を和らげる効果につながります。

相性の悪い魚は?

ウィローモスを水槽底に敷き詰めている場合は、コリドラスなど底砂に潜る魚との同居はおすすめできません。砂に潜れないことでストレスを感じたり、病気になったりする恐れがあるためです。どうしても飼育したい場合は、ウィローモスを流木や岩などに着生させるレイアウトにしましょう。柔らかい水草を引き抜くシルバーシャークなどの魚との相性もよくありません。また、アクアテラリウムなど水量が少ない環境で育成する場合は、エンゼルフィッシュのような体高のある魚や、オスカーのような大型魚の導入は控えましょう。

ウィローモスの魅力は?

ウィローモスはさまざまなレイアウトに使用できますが、最近では、モスマットやモスドームなどさまざまな「モスグッズ」が販売され、より多彩かつ手軽に導入できるようになりました。この機会に育て方のコツを覚えて、ウィローモスで幅広い水槽レイアウトに挑戦してみてくださいね。





「熱帯魚屋」初めませんか?


アクアリウム生活では、個人の方にも安心して熱帯魚の仕入れができる卸販売サービス「アクスタ卸」を行っております。これから熱帯魚の販売をされる方、卸業者をお探しの方は、価格表をお送り致しますので、是非一度お問い合わせ下さい。
※価格表をお送りする前に審査が必要となる場合がございます。

必須組織形態 法人個人
必須御社名
※法人の場合は会社名・個人の場合は屋号を入力してください
必須ご担当者名
必須メールアドレス
必須電話番号
必須ご住所
必須営業形態 通販のみ店舗のみ両方まだ持っていない
ホームページURL
※すでにHPや通販サイトをお持ちの方はご入力下さい
ご質問・ご要望
※お聞きしたいことなどございましたらご記入下さい

プライバシーポリシーに同意の上でお問い合わせください

返信は土日祝日問わず、24時間以内を心がけておりますが、混みあっている場合は、遅れてしまう場合もございます。また、2日以上たっても返信がない場合は、記入して頂いたメールアドレスに不備がある可能性もございますので、お手数おかけしますが、再度お問い合わせ頂きますようお願いいたします。