カサゴの飼育方法:餌は何を食べる?寿命はどのくらい?

カサゴは主に食用として流通している海水魚ですが、見た目の派手さから実は観賞魚としても人気が高まってきています。飼育のポイントさえおさえれば初心者でも十分に飼育できる魚です。殺菌ライトなどを設置するとその身体がきれいに輝き見応えのある魚です。カラフルな色合いとトゲトゲした身体がかわいいですよ。

今回は、カサゴの飼育方法や餌、寿命などについて紹介していきます。

カサゴとはどんな魚?寿命はどのくらい?

カサゴカサゴはカサゴ目フサカサゴ科の属する魚です。主に太平洋(たいへいよう)〜インド洋に生息しており、そのカラフルな身体とトゲトゲが特徴の魚です。寿命はおよそ10年で種類にもよりますが、成長すると20cm〜30cm前後です。警戒心が強く、なかなか人にも慣れにくいですが、ミノカサゴなどは人工飼料に慣れやすく飼育しやすい種類です。

カサゴは背ビレに毒を持っており、特にペットとして1番流通しているミノカサゴの毒は激痛を伴い神経症状がでる場合があるので取り扱いには注意が必要です。

カサゴの飼育の難易度は?

カサゴの飼育はやや簡単です。毒をもっているので水換えのときは注意が必要です。また、人工飼料になれない場合もあるので飼育初めのころは手間がかかる場合があります。

カサゴの価格は?どこで売ってるの?

カサゴを簡単に入手する方法は釣りをするのが1番手近な方法です。またペットショップなどでは1匹3000円前後で売られています。カサゴは温度変化に敏感ですぐに弱ってしまうため、購入から水槽に移すまでの最初の水合わせが重要です。

飼育に適した水槽の大きさは?

飼育に適した水槽の大きさは?カサゴは成長しても30cm前後の魚です。60cmの水槽から飼育は可能ですが、海水魚の飼育では90cm以上の水槽で始めた方が水が汚れにくく、快適に飼育ができます。

混泳はできる?

カサゴは警戒心が強く、他の魚との混泳はストレスを感じるため工夫して混泳するか、単独飼育が基本です。貝類などとの混泳が可能ですが、肉食性の強い魚ですので、捕食されてしまう場合があります。

広い飼育スペースの水槽で飼う場合にはカサゴよりも大きい魚でしたら混泳も可能ですが、相性を確認して慎重に行う必要があります。

カサゴの飼育に必要なアイテムは?

カサゴを飼育する上で欠かせなものは以下の通りです。

  • 人工海水の元
  • ライト
  • ろ過フィルター
  • カルキ抜き
  • 温度計
  • 比重計
  • ヒーター
  • クーラー
  • 海水魚用の餌、赤虫、生き餌など。
  • フタ
  • 隠れ家

底砂はサンゴ砂がオススメです。薄めに敷くと良いでしょう。カサゴはライトがあるとキレイな見栄えです。しかし光量が強すぎるライトは苦手なので、安価なライトで十分です。もしくは殺菌作用のある光量が弱いタイプのライトを用意しましょう。

また、岩陰やサンゴ岩の間に隠れて身体を休めるので、隠れ家の設置は必要になります。

水槽の立ち上げ方

水槽の立ち上げについてご紹介します。

  1. まず水道水にカルキ抜きを入れて、カルキを抜きます。
  2. その後人工海水を入れて海水を作ります。最初は濁りがひどいですが、時間がたつにつれて透明になっていきます。
  3. 洗って乾かした水槽に底砂、隠れ家を設置して静かに水を入れて、ヒーターとろ過フィルターを起動させます。
  4. 起動させたら魚を入れない状態で4週間〜2ヶ月間そのまま置きます。水を循環させることにより、バクテリアがフィルターに定着するので、水質が安定します。

適した水温や水質は?

水温は20℃前後に設置し、比重計をつかい塩分濃度を確認します。海水は水が完成するのに時間がかかりますが、一度完成すると水質は崩れにくくなりますので、最初が肝心です。急激な水温変化には弱く、水温は一定に保つようにし、夏などの高温になる時期はクーラーなどで水温を下げるようにします。

水合わせの手順
  1. カサゴを入手したら袋ごと水槽につけて、水温を合わせます。
  2. 1時間ほど置いて、袋の水を3分の1捨て水槽の水を入れます。
  3. 2、3回繰り返して水質を合わせた後、カサゴのみを水槽に移します。袋の水は捨ててください。

カサゴが慣れるまでその日は半日から1日絶食させましょう。餌を与えることにより胃腸への負担がかかり弱ってしまうことが、まれにあるためです。また、カサゴは警戒心が強いので環境に慣れるまで餌を食べない場合があります。最初は生き餌を与えて徐々に人工飼料に切り替えましょう。

カサゴの餌の量は?何を食べる?

カサゴの餌の量は?何を食べる?1日2回食べきれる量の餌を与えます。最初は人工飼料になれるまでは生き餌を混ぜながら与えましょう。赤虫などは好んで食べますが、水が汚れないように量を調節しましょう。

水換えの時期は?

水換えは蒸発したぶんの水を足しましょう。海水は次第に塩分濃度が高くなってくるので、比重計を使って調節しましょう。アンモニアや亜硝酸塩が高くなる前に足し水をして水換えしましょう。カサゴは水温変化に敏感なので、水温が変化しないように水換えしましょう。

カサゴを飼育する上での注意点。どんな病気にかかる?

カサゴを飼育する上での注意点。どんな病気にかかる?カサゴは水温が高いとすぐに弱ってしまうので、夏場には注意が必要です。一度衰弱してしまうと、カサゴはなかなか回復しません。体調不良にさせないことが大事です。

水温の変化が激しいと白点病を発症する場合があります。白点病がもし完治してもエラ部分が損傷してしまうと呼吸困難になってしまう場合があるので注意が必要です。

カサゴは浮遊するようにゆったり泳ぐ魚ですので、水流は緩やかに設置しましょう。強い水流はストレスになるので、観察してみましょう。

カサゴが餌を食べない原因は?

人工飼料に慣れていないと食べない場合があります。赤虫など生に近い餌を与えてみましょう。

夏場の高温にはとても弱いので、温度計の温度を確認しましょう。温度が高くなっている場合にはクーラーなどをつかいゆっくりと温度を下げましょう。

混泳している魚に餌を食べられてしまっている場合があるので、少し多めにあげて様子をみましょう。ニシキゴイなどの勢いをつけて餌を食べるような種類は餌がすぐになくなってしまうので、沈下性の餌と浮遊性の餌2種類あげてみるのも良いでしょう。

カサゴを飼育する魅力とは?

カサゴを飼育する魅力とは?カサゴの飼育方法についてご紹介してきましたがいかがだったでしょうか?海水の立ち上げや背ビレの毒に注意すれば手の届きやすい海水魚です。水槽に入れると見栄えがして私たちを楽しませてくれます。この記事を参考にカサゴに興味を持っていただけたら幸いです。





「熱帯魚屋」初めませんか?


アクアリウム生活では、個人の方にも安心して熱帯魚の仕入れができる卸販売サービス「アクスタ卸」を行っております。これから熱帯魚の販売をされる方、卸業者をお探しの方は、価格表をお送り致しますので、是非一度お問い合わせ下さい。
※価格表をお送りする前に審査が必要となる場合がございます。

必須組織形態 法人個人
必須御社名
※法人の場合は会社名・個人の場合は屋号を入力してください
必須ご担当者名
必須メールアドレス
必須電話番号
必須ご住所
必須営業形態 通販のみ店舗のみ両方まだ持っていない
ホームページURL
※すでにHPや通販サイトをお持ちの方はご入力下さい
ご質問・ご要望
※お聞きしたいことなどございましたらご記入下さい

プライバシーポリシーに同意の上でお問い合わせください

返信は土日祝日問わず、24時間以内を心がけておりますが、混みあっている場合は、遅れてしまう場合もございます。また、2日以上たっても返信がない場合は、記入して頂いたメールアドレスに不備がある可能性もございますので、お手数おかけしますが、再度お問い合わせ頂きますようお願いいたします。