サクラダイの飼育方法:餌は何を食べるの?混泳はできる?

サクラダイは、真っ赤な体色ととがったヒレのバランスが美しい海水魚です。婚姻色がほんのりと桜色になることから名前が付けられたんですよ。

今回は、そんなサクラダイの飼育方法について、紹介していきます。

サクラダイとはどんな魚?

サクラダイ

画像提供:わや猫様

サクラダイはスズキ目スズキ亜科ハタ科ハナダイ亜科に分類される魚です。日本の固有種として知られていましたが、近年はパラオ近海でもその姿が確認されています。寿命は5年前後で、成長すると15cmほどに成長します。食性は肉食寄りの雑食性で、甲殻類や小魚などを捕食します。

サクラダイは飼育しやすい魚

サクラダイは病気にも強く、成長しても15cmほどと大きくならないので、飼育しやすい魚です。主に日本を生息地としていますので、 日本の気候に馴染みやすく水槽内の温度管理もそこまで厳重にする必要はありません。ただし、堅く鋭いヒレが特徴ですので、ケガをしないように気をつける必要があります。

サクラダイと混泳はできる?

サクラダイは縄張り意識が強い魚ですので、混泳には少しコツが必要です。同種同士の混泳は避け、身体が一回り大きく性格の穏やかな魚と混泳させるのが良いでしょう。相性を見ながら増やしていくことが推奨されます。

サクラダイは遊泳スピードが速くヒレがとがっているため、混泳させる魚がけがをしないように注意します。

サクラダイはどこで販売されてるの?選び方のポイントは?

サクラダイは1000円前後で販売されています。海水魚の取り扱いがある大型のペットショップを中心に探すのが良いですよ。選び方のポイントは、ヒレが欠けてない色のきれいな個体をえらぶようにしましょう。

サクラダイに適した水槽の大きさは?

サクラダイに適した水槽の大きさは?サクラダイのみの飼育でしたら60cm水槽をおすすめします。余裕を持った水槽を選びましょう。また、飛び出し防止にフタを必ず設置しましょう。

サクラダイの飼育に必要なアイテムは?

水槽以外には下記のような機材を用意しましょう。

水槽設置に必要な機材

  • 人工海水の元
  • 照明器具
  • ろ過装置
  • ヒーター等
  • 水質調整剤・カルキ抜き
  • エアレーション
  • 頑丈なガラスブタ
  • 温度計

その他の道具

  • 魚用の網
  • ピンセット、バケツ
  • 掃除グッズ
  • 熱帯魚用の人工飼料

細かい砂を用意します。浄化作用のある砂底を敷くことにより、メンテナンスが楽になりますよ。

水槽の立ち上げ方

サクラダイを入手する前に、水槽の立ち上げを完了させておきましょう。

  1. 水道水にカルキ抜きを入れ、透明になるまで待ちます。人工海水の元を入れて海水を作ります。
  2. 水が泡立たないように静かに入れていきます。水が泡立ってしまうと水中内の汚れが舞ってしまいなかなか水質が安定しないのでやめましょう。
  3. ろ過装置起動、ヒーターをつけて水を循環させ、水槽内の水に酸素を含ませます。その状態で2ヶ月程おきましょう。
  4. 酸素が水槽内を循環することにより、バクテリアが発生しフィルターに定着したら水質が安定するので水槽の立ち上げが完了です。

水槽の立ち上げを完了してからサクラダイ を入手して水合わせをしましょう。

水合わせの手順は?サクラダイに適した水温・水質は?

サクラダイに適した水温は23℃〜25℃前後です。冬場の水温低下に注意しましょう。水質は弱アルカリ性に保つようにします。ph8.0前後にすると適応しやすいです。

  1. 水槽のセットが完了したら入手してきたサクラダイを袋ごと1時間水槽に浮かべて袋と水槽の水温をあわせます。
  2. 袋の水を3分の1捨て、水槽の水を少量入れて40分程おきます。
  3. 2を2〜3回繰り返して水質をあわせます。その後サクラダイを水槽に移し、袋の水は捨てます。

サクラダイの餌は?与える量や頻度は?

人工飼料で問題ありませんが、慣れない個体もいますので小魚やエビなどの生き餌も併用し栄養が偏らないようにしましょう。量は1日に2回2~3分程度で食べきれる量の餌を与えましょう。

水換えの時期は?方法は?

7日に1回を目安に下記の手順を参考に汚れた水を交換します。

  1. 新しい水を用意します。
  2. 蒸発した分を足し水します。
  3. 3比重計で塩分濃度を確認し、水質に問題がなければ水換え完了です。

隠れ家やアクセサリー類も定期的に洗うようにして清潔に保つようにしましょう。

サクラダイを飼育する上での注意点は?

サクラダイを飼育する上での注意点は?サクラダイは水質変化には強い魚ですが、悪化したのを放置してしまうと白点病や水カビ病の原因になりますので、定期的に水換えをして水質を保つようにしましょう。また、混泳した魚同士でけんかしてしまうと、けがの原因にもなりストレスで突然死してしまうことがあります。相性を見ながら混泳させるようにしましょう。

また、水槽内に障害物が多いとサクラダイがヒレを引っ掛けてしまい、けがの原因になってしまいます。ヒレが傷つかないように広めの飼育スペースを整えましょう。

サクラダイが餌を食べない原因と対策は?

水温の低下

サクラダイは温帯地域の魚なので、水温が低下すると動きがにぶり餌を食べない場合がありますので、水温計を設置して温度を一定に保つように管理しましょう。

水質悪化

サクラダイは食べ残しをまき散らかしやすい魚ですので、食べ残しをそのまま放置しておくと水質悪化の原因になり、拒食になることがあります。水換えを行い様子をみましょう。

餌に気づいていない

サクラダイはエビなどを好んで捕食しますが、最初のうちは餌と認識していない場合があるので、口元にピンセットなどで餌を落とすようにすると食いつきがよくなる場合があります。歯が鋭いので、手や指をかまれないようにゴム手袋などを着用しましょう。

サクラダイの魅力とは

日本の気候になじみやすいサクラダイは、初心者でも飼育しやすい魚です。ピンク色に輝く魅力的な体は、見ているだけで大変癒やされますよ。

こちらの記事で、サクラダイの飼育に興味をもって頂けたら幸いです。





「熱帯魚屋」初めませんか?


アクアリウム生活では、個人の方にも安心して熱帯魚の仕入れができる卸販売サービス「アクスタ卸」を行っております。これから熱帯魚の販売をされる方、卸業者をお探しの方は、価格表をお送り致しますので、是非一度お問い合わせ下さい。
※価格表をお送りする前に審査が必要となる場合がございます。

必須組織形態 法人個人
必須御社名
※法人の場合は会社名・個人の場合は屋号を入力してください
必須ご担当者名
必須メールアドレス
必須電話番号
必須ご住所
必須営業形態 通販のみ店舗のみ両方まだ持っていない
ホームページURL
※すでにHPや通販サイトをお持ちの方はご入力下さい
ご質問・ご要望
※お聞きしたいことなどございましたらご記入下さい

プライバシーポリシーに同意の上でお問い合わせください

返信は土日祝日問わず、24時間以内を心がけておりますが、混みあっている場合は、遅れてしまう場合もございます。また、2日以上たっても返信がない場合は、記入して頂いたメールアドレスに不備がある可能性もございますので、お手数おかけしますが、再度お問い合わせ頂きますようお願いいたします。