コンゴウフグの飼育方法:混泳はできる?寿命は?どこで販売されてるの?

コンゴウフグは黄色い身体と独特の形に特徴がある珍しい海水魚です。和名である「金剛杵」という名前はインドの武具にたとえられてついた名前なんですよ。

今回は、そんなコンゴフグの生態を中心に飼育環境や注意点などについてご紹介いたします。

コンゴウフグとは?寿命はどのくらい?

コンゴウフグコンゴウフグはフグ目ハコフグ科に分類される魚で、大平洋西部とインド洋に分布する海水魚です。寿命は3年ほどで、体長は30cm〜50cm前後です。目と尻びれの辺りに一対のとげが伸びており、取り扱いには注意が必要です。このとげは成長とともに伸びてきますが、老衰してくると短くなります。サンゴ礁など岩礁域に生息しており、甲殻類や稚エビなどを食べます。

コンゴウフグの飼育難易度は?

ハコフグの一種であるコンゴウフグは、丈夫ですし人工飼料でも問題なく食べますので飼育しやすいです。海水魚の飼育を始めたい人の導入魚としてもおすすめです。やや魚同士に対しては警戒心が強い傾向がありますので、混泳相手は選ぶようにしましょう。

コンゴウフグとの混泳はできる?

コンゴウフグは基本的には単独飼育が推奨されます。縄張り意識が強く同種同士では喧嘩してしまいます。さらには皮膚に弱い毒性を持っていることから他の魚を死なせてしまう危険もあります。広めの水槽に同じフグ類を飼育することは不可能ではありませんが喧嘩になるの可能性があることを視野に入れて混泳する必要があります。

コンゴウフグはどこで販売されてるの?選び方のポイントは?

コンゴウフグはペットショップよりもネットでの取り扱いの方が多い魚です。価格は3,000円前後で購入が可能です。選び方のポイントは、稚魚だと抵抗力が弱く水合わせ時に弱ってしまう可能性があるのでワンサイズ大きめの個体を選ぶようにします。また、とげ部分が欠けていない立派な個体を選ぶようにすると良いでしょう。

コンゴウフグの適した水槽の大きさは90cm以上

コンゴウフグの適した水槽の大きさは90cm以上終生飼育するのなら60cm以上の水槽が必要になりますが、水質を安定させるためにも水量が多い90cm以上をおすすめします。アクセサリー類も余裕を持って設置できますよ。水槽はアクリル水槽でもガラス水槽でも大丈夫ですが、頑丈な水槽を選びましょう。ろ過装置は大きめのものを購入して水質悪化しないように気をつけます。

コンゴウフグの飼育に必要なアイテムは?

水槽設置に必要な機材

  • 人工海水の元
  • 照明器具
  • ろ過装置
  • ヒーター等
  • 水質調整剤・カルキ抜き
  • エアレーション
  • ガラスブタ
  • 温度計

その他の道具

  • 魚用の網
  • ピンセット、バケツ
  • 掃除グッズ
  • 海水魚用の人工飼料
  • 比重計

砂底は細かい粒のサンゴ砂などを好みます。

水槽の立ち上げ方

  1. 水道水にカルキ抜きを入れ、透明になるまで待ちます。人工海水の元を入れて海水を作ります。
  2. 水が泡立たないように静かに入れていきます。水が泡立ってしまうと水中内の汚れが舞ってしまいなかなか水質が安定しないのでやめましょう。
  3. ろ過装置起動、ヒーターをつけて水を循環させ、水槽内の水に酸素を含ませます。その状態で2ヶ月程おきましょう。
  4. 酸素が水槽内を循環することにより、バクテリアが発生しフィルターに定着したら水質が安定するので水槽の立ち上げが完了です。

水合わせの手順は?コンゴウフグに適した水温・水質は?

コンゴウフグに適した水温は25℃前後です。冬場の水温低下に注意しましょう。水質は中性ph7.5前後に設定しましょう。

水槽の立ち上げ方
  1. 水槽のセットが完了したら入手してきたコンゴウフグを袋ごと1時間水槽に浮かべて袋と水槽の水温をあわせます。
  2. 袋の水を3分の1捨て、水槽の水を少量入れて40分程おきます。
  3. 2を2〜3回繰り返して水質をあわせます。その後コンゴウフグを水槽に移し、袋の水は捨てます。

コンゴウフグの餌は?1日に与える量や頻度は?

コンゴウフグは人工飼料でも問題なく食べます。冷凍クリルやブラインシュリンプも好んで食べます。1日2回食べきれる量を与えましょう。

水換えの時期は?

7日に1回を目安に下記の手順を参考に汚れた水を交換します。

  1. カルキ抜きした新しい水を用意します。
  2. 3/1の水を捨て、新しい水を入れます。
  3. 比重計を使用して、塩分濃度に問題がなければ水換えを完了です。

アクセサリーや砂利などにゴミがたまらないように定期的に掃除をして水質が悪化しないように気をつけましょう。

コンゴウフグを飼育する上での注意点は?どんな病気にかかりやすい?

コンゴウフグを飼育する上での注意点は?どんな病気にかかりやすい?

白点病

コンゴウフグは白点病にかかりやすく、悪化しやすい傾向にあるので、病気にかからないように水質の管理はしっかり行いましょう。

水温の低下

冬場の水温が低下しやすい時期は弱りやすいのでヒーターを使用して温度管理するようにします。ヒーターで火傷しないようにカバーをつけて水槽内で使うようにしましょう。

けが

身体が傷があると細菌感染をおこしやすい皮膚の弱い魚ですから、混泳による喧嘩などは注意深く観察しましょう。

コンゴウフグが餌を食べない原因と対処法は?

コンゴウフグは、その形状から痩せたかどうかわかりにくいため、他の魚より餌を食べているかどうかこまめにチェックしてあげましょう。

複数回に分けて与える

一度の給餌ではそこまで量は食べませんので、食べきれる量の餌を与えましょう。複数回にわけて少量ずつ与えるようにします。

消化不良

消化不良を起こしている場合がありますので腹部が膨れていないか確認しましょう。

病気

水質が悪化すると病気になり、食欲不振に陥ることがありますので、病気になった個体は隔離して薬浴などをして治療します。

冬場

冬場は動きが鈍くなり餌を少量しか食べなくなることもありますので甲殻類などの嗜好性の高い餌を与えながら様子を見ましょう。

コンゴウフグの魅力とは

コンゴウフグコンゴウフグは毒やとげがあるので取り扱いには注意が必要ですが、人懐っこい魚ですので飼育していて可愛らしい魚です。他の魚と混泳しにくいですがコンゴウフグのみでも立派なアクアリウムができますよ。





「熱帯魚屋」初めませんか?


アクアリウム生活では、個人の方にも安心して熱帯魚の仕入れができる卸販売サービス「アクスタ卸」を行っております。これから熱帯魚の販売をされる方、卸業者をお探しの方は、価格表をお送り致しますので、是非一度お問い合わせ下さい。
※価格表をお送りする前に審査が必要となる場合がございます。

必須組織形態 法人個人
必須御社名
※法人の場合は会社名・個人の場合は屋号を入力してください
必須ご担当者名
必須メールアドレス
必須電話番号
必須ご住所
必須営業形態 通販のみ店舗のみ両方まだ持っていない
ホームページURL
※すでにHPや通販サイトをお持ちの方はご入力下さい
ご質問・ご要望
※お聞きしたいことなどございましたらご記入下さい

プライバシーポリシーに同意の上でお問い合わせください

返信は土日祝日問わず、24時間以内を心がけておりますが、混みあっている場合は、遅れてしまう場合もございます。また、2日以上たっても返信がない場合は、記入して頂いたメールアドレスに不備がある可能性もございますので、お手数おかけしますが、再度お問い合わせ頂きますようお願いいたします。