ソイの飼育方法:生態は?餌は何を食べる?価格はどのくらい?

メバルの一種であるソイは日本全国で見られる海水魚です。ソイの学名であるセバステス(Sebastes)とはラテン語で「尊厳・立派な」という意味があり、その立派な背びれから名前が付けられたんですよ。ソイはクロソイやムラソイなど沢山の種類がいますが基本的な飼い方は同じです。

今回は、そんなソイの飼育方法について紹介していきます。

ソイとはどんな魚?生態は?

ソイとはどんな魚?生態は?ソイはカサゴ目カサゴ亜科メバル科の魚で、千島列島から高知県(こうちけん)辺りの沿岸部、太平洋(たいへいよう)沿岸、東シナ海(ひがししなかい)まで広範囲にわたり生息している海水魚です。寿命は10年前後で、成長すると30cmほどまでに成長しますが、中には60cmと大型に成長する個体もいます。頭部やヒレは大きく、背びれには硬いトゲがあり、取り扱いには注意が必要です。食性は肉食で、甲殻類から小魚まで捕食します。

ソイの飼育は難しい?飼い方のポイントは?

ソイは水質の変化に強く、病気にもなりにくいため飼育は容易ですが、気性の荒いため、手にトゲが刺さらないように水換え時などはゴム手袋を着用するなど、ケガをしないように注意しましょう。

ソイと混泳はできる?

ソイは同サイズの海水魚とでしたら混泳可能ですが、気性が荒い魚ですので様子を見ながら慎重に進めていく必要があります。他の魚を襲わないように隠れ家を複数作って防止しましょう。

ソイ同士の混泳は縄張り意識が強く、争いになり突然死の危険がありますので避けたほうがよいですよ。甲殻類は餌になってしまうので一緒に飼育することはできません。

ソイの販売価格は?選び方のポイントは?

ソイは1,500円前後で販売されています。ペットショップよりはネット通販の方が入手しやすいです。身体に傷のないきれいな個体を選ぶようにします。流通量が少ないので、事前に調べて購入しましょう。

ソイに適した水槽の大きさは?

ソイに適した水槽の大きさは?ソイは水槽に追突しやすいので60cm以上の水槽を用意します。岩場のくぼみなどを住み処に生活しているので、ライブロックなどを入れて寝床を作ってあげましょう。ろ過装置は上部フィルターなど大きく浄化作用が高いものを選びましょう。

ソイの飼育に必要なアイテムは?

水槽以外には下記のような機材・アイテムを用意しましょう。

水槽設置に必要な機材

  • 人工海水の元
  • 照明器具
  • ろ過装置
  • ヒーター等
  • 水質調整剤・カルキ抜き
  • エアレーション
  • ガラスブタ
  • 温度計

その他のアイテム

  • 魚用の網
  • ピンセット、バケツ
  • 掃除グッズ
  • 海水魚用の人工飼料

砂底はサンゴ砂などの浄化作用のあるものがオススメです。細かい粒の砂を用意しましょう。

ソイの飼育準備!水槽の立ち上げ

水槽の立ち上げを完了してからソイを入手して水合わせをしましょう。

  1. 水道水にカルキ抜きを入れ、透明になるまで待ちます。人工海水の元を、入れて海水を作ります。
  2. 水が泡立たないように静かに入れていきます。水が泡立ってしまうと水中内の汚れが舞ってしまいなかなか水質が安定しないのでやめましょう。
  3. ろ過装置起動、ヒーターをつけて水を循環させ、水槽内の水に酸素を含ませます。その状態で2ヶ月程おきましょう。
  4. 酸素が水槽内を循環することにより、バクテリアが発生しフィルターに定着したら水質が安定するので水槽の立ち上げが完了です。

ソイに適した水温・水質は?水合わせの手順は?

ソイに適した水温は23℃です。水質はアルカリ性に保つようにしましょう。ph7.5前後にすると適応しやすいです。袋を破られないように二重にして手早く水合わせをしましょう。

水合わせの手順
  1. 水槽のセットが完了したら入手してきたソイを袋ごと1時間水槽に浮かべて袋と水槽の水温をあわせます。
  2. 袋の水を3分の1捨て、水槽の水を少量入れて40分程おきます。
  3. これを2〜3回繰り返して水質をあわせます。その後ソイを水槽に移し、袋の水は捨てます。

ソイの餌は?量や頻度は?

ソイは生き餌を好みますが、人工飼料でも問題ありません。併用して与えながら徐々に人工飼料に切り替えましょう。1日2回2~3分程度で食べきれる量を与えましょう。水を汚しやすいので、餌カスはこまめに取り除きましょう。

水換えの時期は?

7日に1回を目安に下記の手順を参考に汚れた水を交換します。

水換えの手順
  1. カルキ抜きした新しい水を用意します。
  2. 3/1程度の水を捨てます。
  3. 比重計を使い塩分濃度に問題がなければ水換え完了です。

隠れ家やアクセサリー類も定期的に洗うようにして清潔に保つようにしましょう。

ソイが気を付けるべき病気は?予防法や対策法は?

ソイが気を付けるべき病気は?予防法や対策法は?ソイは水質の変化に強く病気になりにくいですが、温度変化が激しいと衰弱してしまうことがあります。水質を安定させるために水温計を設置して温度管理を行うようにしましょう。高温が苦手なので、とくに夏場は涼しい場所で飼育するようにして、水温が上がらないように気をつけます。

また、ソイが水槽から飛び出してけがをしないように、高さある頑丈な水槽でフタを閉めて、飼育しましょう。

ソイが餌を食べない原因は?

ソイは水質が悪化すると、拒食になることが水質を悪化させないようにしましょう。塩分濃度を定期的にチェックします。食欲旺盛ですので、食べなくなった時は誤飲や消化不良が疑われます。水温を一度あげて新陳代謝を促し、消化を補助してあげましょう。

生き餌の方が食いつきが良いので餌を切り替えて様子を見ましょう。オキアミや赤虫など嗜好性の高い餌と併用して与えると良いです。

ソイの魅力とは?

ソイはある程度の大きさに成長しますので育てがいのある魚です。黒々とした身体は地味ですが重厚感があり、自然に近いアクアリウムを再現した場合におすすめの魚ですよ。トゲがあるヒレの扱いには注意が必要ですが、丈夫で飼育しやすいので初心者にもオススメです。





「熱帯魚屋」初めませんか?


アクアリウム生活では、個人の方にも安心して熱帯魚の仕入れができる卸販売サービス「アクスタ卸」を行っております。これから熱帯魚の販売をされる方、卸業者をお探しの方は、価格表をお送り致しますので、是非一度お問い合わせ下さい。
※価格表をお送りする前に審査が必要となる場合がございます。

必須組織形態 法人個人
必須御社名
※法人の場合は会社名・個人の場合は屋号を入力してください
必須ご担当者名
必須メールアドレス
必須電話番号
必須ご住所
必須営業形態 通販のみ店舗のみ両方まだ持っていない
ホームページURL
※すでにHPや通販サイトをお持ちの方はご入力下さい
ご質問・ご要望
※お聞きしたいことなどございましたらご記入下さい

プライバシーポリシーに同意の上でお問い合わせください

返信は土日祝日問わず、24時間以内を心がけておりますが、混みあっている場合は、遅れてしまう場合もございます。また、2日以上たっても返信がない場合は、記入して頂いたメールアドレスに不備がある可能性もございますので、お手数おかけしますが、再度お問い合わせ頂きますようお願いいたします。