アミメハギの飼育方法:生態は?どこで販売されてるの?

アミメハギはその名の通り網目模様が美しいハギです。小型のハギであることから飼育もしやすく、観賞魚としても人気なんですよ。

今回は、アミメハギの飼育方法や生態などについて紹介していきます。

アミメハギとはどんな魚?


アミメハギはフグ目カワハギ科アミメハギ属に分類される海水魚です。日本から朝鮮(ちょうせん)半島にかけての沿岸部の岩礁域に分布しています。寿命は5年前後で、成長すると8cm程度に成長します。ハギの仲間としては、小型の種類で薄い身体つきが特徴です。泳ぐスピードは緩やかで泳ぐというより漂っていると言った方がかわりやすいかもしれません。食性は肉食よりでゴカイや赤虫、魚の切り身などを食べて生活します。

アミメハギの飼育は難しい?飼うときのコツは?

アミメハギは小さい個体は病気に注意が必要になりますが、初心者の方でも飼育できる魚です。他の種類の魚と混泳させ、岩礁域を好みますので、ライブロックなどを入れて岩礁域を再現して飼育してあげるとよいですよ。

アミメハギとの混泳はできる?ルールは?

アミメハギは他の魚と混泳が可能な魚です。しかし、アミメハギ自体が小型の魚になりますので、肉食性の大型の魚や縄張り意識が強いイシダイ類との混泳は避けるようにしましょう。甲殻類などとの混泳は逆にアミメハギが好物ですので捕食してしまう可能性があります。飛び出し事故は少ない魚ですが、フタはしっかりして飼育するようにしましょう。

アミメハギはどこで販売されてるの?選び方のポイントは?

アミメハギはペットショップや通販から1,000円前後で購入することができます。小さい幼魚は病気にかかりやすく、水質の変化にも敏感ですのでワンサイズ大きなサイズを購入するようにしましょう。身体のきれいな個体を選びましょう。

アミメハギに適した水槽の大きさは?

アミメハギに適した水槽の大きさは?アミメハギの飼育には90cm以上の水槽での飼育が推奨されます。アミメハギ自体は成長しても10cm前後にしかなりませんので、アミメハギのみの飼育でさしたら60cm前後の水槽でも可能ですが、海水の水質を保つためには90cm以上の容量が必要になります。

また、他の魚との混泳を考えた場合には余裕のある水槽を選ぶことが良いでしょう。

アミメハギの飼育に必要な道具は?

水槽以外には下記のような機材を用意しましょう。

水槽設置に必要な機材

  • 人工海水の元
  • 照明器具
  • ろ過装置
  • ヒーター等
  • 水質調整剤・カルキ抜き
  • エアレーション
  • ガラスブタ
  • 温度計

その他の道具

  • 魚用の網
  • ピンセット、バケツ
  • 掃除グッズ
  • 隠れ家
  • 比重計

砂底は柔らかい素材のものを使用しましょう。岩礁域に生息する魚ですのでライブロックで隠れ家を製作します。

アミメハギの飼育を始めよう!水槽の立ち上げ方法

  1. 水道水にカルキ抜きを入れ、透明になるまで待ちます。人工海水の元を入れて海水を作ります。
  2. 水が泡立たないように静かに入れていきます。水が泡立ってしまうと水中内の汚れが舞ってしまいなかなか水質が安定しないのでやめましょう。
  3. ろ過装置起動、ヒーターをつけて水を循環させ、水槽内の水に酸素を含ませます。その状態で2ヶ月程おきましょう。
  4. 酸素が水槽内を循環することにより、バクテリアが発生しフィルターに定着したら水質が安定するので水槽の立ち上げが完了です。

水槽の立ち上げを完了してからアミメハギを入手して水合わせをしましょう。

水合わせの手順は?アミメハギに適した水温・水質は?

アミメハギに適した水温は25℃前後です。水質は弱アルカリ性に保つようにしましょう。ph7.0前後にすると適応しやすいです。トリートメントを丁寧にしてから水槽に移しましょう。

  1. 水槽のセットが完了したら入手してきたアミメハギを袋ごと1時間水槽に浮かべて袋と水槽の水温をあわせます。
  2. 袋の水を3分の1捨て、水槽の水を少量入れて40分程おきます。
  3. これを2〜3回繰り返して水質をあわせます。その後アミメハギを水槽に移し、袋の水は捨てます。

アミメハギの餌は?1日に与える量や頻度は?

餌は食欲旺盛ですので海水魚用の人工飼料で問題ありません。冷凍クリルや赤虫、ゴカイなども喜んで食べます。1日2回食べ切れる量の餌を与えましょう。

水換えの時期は?

7日に1回を目安に下記の手順を参考に汚れた水を交換します。

  1. 新しい水を用意します。
  2. 蒸発した分を足し水します。
  3. 比重計を使用して塩分濃度に問題がなければ水換え完了です。

小さい個体は痩せやすいので、複数回に分けてこまめに餌を与えましょう。

アミメハギを飼育する上での注意点

アミメハギを飼育する上での注意点アミメハギは身体が薄く一度の給餌でそこまで餌量を食べません。痩せやすい魚ですのでこまめに給餌をしてアミメハギが痩せないように注意が必要です。一度痩せてしまうとそのまま食欲が落ちてしまい、餓死してしまうことがありますので栄養価の高い餌を併せて与えて対策しましょう。

水温が上がると白点病や水カビ病を発症しやすくなり、身体が小さい分抵抗力も弱いので病気にならないように温度管理と水質を定期的にチェックして一定に保つようにしましょう。

アミメハギが餌を食べない原因は?対処法は?

餌の与えすぎによる消化不良に陥っていないか腹部の膨張がないか確認しましょう。消化不良から呼吸困難になることもあり、エラをしきりに動かして底でじっとしている場合には絶食させて様子を見ます。また、口が小さいため大きな粒のものですとうまく食べられてない場合がありますので、口のサイズに餌を砕いて与えるようにしましょう。食べ残した餌は水質悪化の原因になりますので取り除くようにしましょう。

アミメハギの魅力とは

アミメハギは小さいですが、とても見栄えのする姿をしており、愛嬌もあるかわいらしいのが魅力的な海水魚です。初心者の人でも飼育しやすいのも魅力的です。かわいらしい顔つきをしている魚ですので水槽の中でもチャーミングな様子が観察できますよ。

この記事を参考に、アミメハギの飼育に興味を持ってもらえたら嬉しいです。





「熱帯魚屋」初めませんか?


アクアリウム生活では、個人の方にも安心して熱帯魚の仕入れができる卸販売サービス「アクスタ卸」を行っております。これから熱帯魚の販売をされる方、卸業者をお探しの方は、価格表をお送り致しますので、是非一度お問い合わせ下さい。
※価格表をお送りする前に審査が必要となる場合がございます。

必須組織形態 法人個人
必須御社名
※法人の場合は会社名・個人の場合は屋号を入力してください
必須ご担当者名
必須メールアドレス
必須電話番号
必須ご住所
必須営業形態 通販のみ店舗のみ両方まだ持っていない
ホームページURL
※すでにHPや通販サイトをお持ちの方はご入力下さい
ご質問・ご要望
※お聞きしたいことなどございましたらご記入下さい

プライバシーポリシーに同意の上でお問い合わせください

返信は土日祝日問わず、24時間以内を心がけておりますが、混みあっている場合は、遅れてしまう場合もございます。また、2日以上たっても返信がない場合は、記入して頂いたメールアドレスに不備がある可能性もございますので、お手数おかけしますが、再度お問い合わせ頂きますようお願いいたします。