アカエイの飼育方法:生息地は?どこで販売されてるの?

熱帯魚の飼育に慣れてくれば、肉食魚やサメ類などの飼育にも挑戦して見たいと思う方は多いかと思われます。そんなアクアリウム経験者におすすめなのが、変わり種として有名なアカエイです。水族館でもよく見かけるアカエイは、日本の沿岸部にも生息している魚で親しみがある容姿も人気の一つですよ。

今回は、こちらのアカエイの飼育方法についてご紹介いたします。

アカエイとはどんな魚?生息地は?

アカエイアカエイはトビエイ目アカエイ科に属する海水魚です。日本の沿岸部や東アジアを中心に多く生息しており、漁の網に引っかかる姿がよく確認できます。寿命は10年〜20年と幅広く、成長すると全長1メートル〜2メートル程と立派に成長するエイになります。食性は肉食性で、動物性プランクトンや貝類や甲殻類、あさりなど幅広く捕食します。長いとげ状の針は毒針になっていて刺されると激しい痛みを伴うため、注意が必要です。

アカエイの飼い方は難しい?飼うときのコツは?

アカエイは汽水域や河口から海水域になる境界の浅瀬で目撃されることも多く、水質にある程度の耐性があるエイです。そのため、飼育は難しくはありませんが、巨大に成長し、尾をいれた全長が長いため横幅のある水槽が必要です。

アカエイと混泳はできる?

アカエイは単独飼育が基本になります。同種同士で混泳している姿を水族館などではよく見かけますが、サイズが大きくなるため、一般家庭では不可能でしょう。さらに他種との混泳は肉食魚のため捕食されてしまいますので、避けましょう。アカエイ単体のみでも水槽の中で目立ちますので飼育は楽しめるかと思います。底性の魚ですが、小魚などの回遊魚も好物です。

アカエイはどこで販売されてるの?購入するときの選び方は?

小さな幼体が1000円〜3000円前後で販売されています。鑑賞魚としてもポピュラーな種類ですので、入手はしやすいでしょう。取り扱いの際には必ず毒針に刺されないように手を保護してから扱うようにします。

アカエイに適した水槽は?

アカエイに適した水槽は?幼少期の飼育には60cm水槽でも可能ですが、最終的には120cm前後の水槽が必要になります。また、水を汚しやすい為、ろ過装置は巨大なものが必要になります。人馴れしますので、こちらが危害を加えなければ積極的に刺すことはありませんが、水換えの頻度が多い魚ですので、毒針に刺されないようにしましょう。また、毒針は個体がたとえ死亡した後でも毒を有していますので、注意しましょう。

アカエイの飼育に必要なアイテムは?

水槽以外には下記のような機材を用意しましょう。

水槽設置に必要な機材

  • 人工海水の元
  • 照明器具
  • ろ過装置
  • ヒーター等
  • 水質調整剤・カルキ抜き
  • エアレーション
  • ガラスブタ
  • 温度計

その他の道具

  • 魚用の網
  • ピンセット、バケツ
  • 掃除グッズ
  • 比重計

砂底はサンゴ砂など細かい粒子のものを使用するかベアタンクの状態で飼育しましょう。

アカエイの飼育を始めよう!水合わせの手順は?

  1. 水道水にカルキ抜きを入れ、透明になるまで待ちます。人工海水の元を入れて、海水を作ります。
  2. 水が泡立たないように静かに入れていきます。水が泡立ってしまうと水中内の汚れが舞ってしまいなかなか水質が安定しないのでやめましょう。
  3. ろ過装置起動、ヒーターをつけて水を循環させ、水槽内の水に酸素を含ませます。その状態で2ヶ月程おきましょう。
  4. 酸素が水槽内を循環することにより、バクテリアが発生しフィルターに定着したら水質が安定するので水槽の立ち上げが完了です。

水槽の立ち上げを完了してからアカエイを入手して水合わせをしましょう。

水合わせの手順は?アカエイに適した水温や水質は?

アカエイに適した水温は25℃前後です。水質は中性に保つようにしましょう。ph7.5前後にすると適応しやすいです。身体が大きいアカエイは袋を突き破る場合がありますので、頑丈にパッキングしてもらいましょう。

水合わせの手順は?
  • 水槽のセットが完了したら入手してきたアカエイを袋ごと1時間水槽に浮かべて袋と水槽の水温をあわせます。
  • 袋の水を3分の1捨て、水槽の水を少量入れて40分程おきます。
  • これを2〜3回繰り返して水質をあわせます。その後アカエイを水槽に移し、袋の水は捨てます。

アカエイの餌は?与える量や頻度は?

餌は乾燥クリルや冷凍クリルでよく餌付きますが、アサリなどの貝類も捕食します。魚の切り身などの生き餌を与えても良いでしょう。

1日2回食べ切れる量の人工飼料を与えます。刺し身やエビ類、イカなども好んで食べますので、バランスよく与えましょう。

水換えの時期は?

7日に1回を目安に下記の手順を参考に汚れた水を交換します。

  1. 新しい水を用意します。
  2. 蒸発した分の水を足しましょう。
  3. 比重計を使用して、塩分濃度に問題がなければ水換え完了です。

身体が大きくなってくると力も強くなり、飛び出してくることがありますので頑丈なフタを使用してください。

アカエイを飼育する上での注意点は?

アカエイを飼育する上での注意点は?アカエイは丈夫で特別気をつける病気などは少ない魚ですが、飛び出し事故には注意が必要です。薄い身体をしていますので、きちんと密閉された水槽で飼育していても隙間から飛び出してきて落下し死亡してしまうこともあります。また、水の汚しやすさから度重なる水換えが必要な魚でもありますので、水質の維持には手間暇がかかります。

給餌の都度、食べ残しなどはきれいに取り除き、排せつ物もこまめに片付けるようにしましょう。食欲旺盛でよく食べますが、消化不良には注意が必要です。

アカエイが餌を食べなくなる原因は?対処法は?

食べ物は問題なくなんでもよく食べますので、消化不良になっていないか確認します。さらに腹部が異様に膨張している場合には、異物を誤飲した可能性もありますので、注意深く様子を観察します。水槽内が狭いと酸欠に陥り、エラをしきりに動かして衰弱することがありますので、エアレーションを強めにかけてあげ、呼吸を助けてあげましょう。また、水質の変化には強いですが、水質が悪化したままだと食欲不振になってしまうことがありますので、水換えをして対応します。

アカエイの魅力は?

アカエイは丈夫なエイで立派に成長する魚です。大きな飼育スペースが必要ですので、飼育には大きな水槽が必要なので費用がかかりますが、人懐っこい性格でかわいらしいですし、大きく成長するのでその過程を楽しむことができるのが魅力的な魚ですよ。

この記事でアカエイに興味を持ってもらえたら幸いです。





「熱帯魚屋」初めませんか?


アクアリウム生活では、個人の方にも安心して熱帯魚の仕入れができる卸販売サービス「アクスタ卸」を行っております。これから熱帯魚の販売をされる方、卸業者をお捜しの方は、価格表をお送り致しますので、是非一度ご覧下さいませ。
※価格表をお送りする前に審査が必要となる場合がございます。予めご了承下さい。

必須組織形態 法人個人
必須御社名
※法人の場合は会社名・個人の場合は屋号を入力してください
必須ご担当者名
必須メールアドレス
必須電話番号
必須ご住所
必須営業形態 通販のみ店舗のみ両方まだ持っていない
ホームページURL
※すでにHPや通販サイトをお持ちの方はご入力下さい
ご質問・ご要望
※お聞きしたいことなどございましたらご記入下さい

プライバシーポリシーに同意の上でお問い合わせください

返信は土日祝日問わず、24時間以内を心がけておりますが、混みあっている場合は、遅れてしまう場合もございます。また、2日以上たっても返信がない場合は、記入して頂いたメールアドレスに不備がある可能性もございますので、お手数おかけしますが、再度お問い合わせ頂きますようお願いいたします。