真鯛の飼育方法:飼い方のポイントは?混泳はできる?寿命はどのくらい?

真鯛は魚の王様と呼ばれるように、その外見は凛としていて美しく風格がある魚です。身体の光沢も真鯛ならではの色合いで、光に反射するうろこは美しいです。そんな真鯛は、大きな水槽が必要になり、初期設備の準備が必要な魚になりますが、家庭でも飼育することができますよ。

今回は、真鯛の飼育方法や飼い方のポイント、混泳の注意点や寿命などの特徴を紹介していきます。

真鯛とはどんな魚?寿命は?

真鯛真鯛はスズキ目スズキ亜科タイ科に属する魚で、日本では北海道(ほっかいどう)以南の北西の大西洋(たいせいよう)に分布しています。水深30メートルから200メートルの岩礁などをすみかにしており、群れを作らずに単独で生活しています。

寿命は10年前後で、成魚は大きくなると120cmもの大きさに成長しますが、飼育下では80cm前後にとどまることが多いです。

食性は肉食性で小魚や甲殻類、貝類などを捕食します。丈夫な歯と顎を持っているため、貝などの固い殻も砕いて中身を食べます。

真鯛の飼育は難しい?飼い方のポイントは?

真鯛の飼育はやや経験者向けになります。丈夫な魚である程度の水質の変化にも耐えられますが、大きな水槽が必要になりますので、導入費用がかかります。また、真鯛のヒレは鋭いトゲ状になっており、導入時や水換え時に手などにささる危険があるので注意が必要です。

真鯛との混泳はできる?

真鯛は生活は比較的おとなしいですが、口に入る大きさの魚は捕食されてしまいますので避けましょう。また、遊泳スピードは、速い魚と追突してしまい真鯛のひれ等でけがをしてしまうことがあるので注意が必要です。混泳相手としておすすめの魚はメジナやギンポなど大きな魚です。

真鯛の価格は?購入するときの選び方は?

真鯛はペットショップなどで3,000円前後で購入することが可能ですが、取り扱っているショップは少ないので取り寄せてもらうか、釣りなどで捕獲するのが一般的です。

選び方のポイントは、うろこの色合いがきれいな元気のある個体を選ぶようにしましょう。稚魚は成魚に比べて身体の色が黒っぽいですが、光の反射により光沢を確認することが可能です。

真鯛に適した水槽の大きさは?

真鯛に適した水槽の大きさは?真鯛は成長すると120cm以上になる大型魚で終生飼育のためには最低でも120cm以上の水槽が必要になります。稚魚のうちは60cm水槽でも可能ですが、大きくなるにつれて水槽を変える必要があります。

遊泳スピードはそこまで早くはないので、水槽の幅はそれほどなくても問題ありませんが、混泳させる魚によっては真鯛が避難できるように横幅の広い水槽を利用しましょう。岩礁地帯を好むので、ライブロックなどを設置してあげると良いですよ。

真鯛の飼育に必要なアイテムは?

水槽以外には下記のような機材を用意しましょう。

水槽設置に必要なアイテム

  • 人工海水の元
  • 照明
  • ろ過装置
  • ヒーター、クーラー・冷却ファン
  • 水質調整剤・カルキ抜き
  • エアレーション
  • クッション付きガラスブタ

その他のアイテム

  • 熱帯魚用の網
  • ピンセット、バケツ
  • 掃除グッズ
  • 比重計

底砂は砂状のものがおすすめです。とくにサンゴ砂などには浄化作用があり、水槽内の汚れを吸収してくれますのでおすすめです。

水槽の立ち上げ方

  1. 水道水にカルキ抜きを入れ、透明になるまで待ちます。
  2. 人工海水の元を入れて海水を立ち上げます。
  3. 砂利やアクセサリーを洗って水気を切り、水槽内にレイアウトします。
  4. 水が泡立たないように静かに入れていきます。水が泡立ってしまうと水中内の汚れが舞ってしまい水質が安定するまで時間がかかってしまいます。
  5. ろ過装置を起動し、ヒーターをつけて水を循環させ、水槽内の水に酸素を含ませます。この状態で2ヶ月程おきましょう。酸素が水槽内を循環することにより、バクテリアが発生しフィルターに定着すると水質が安定するので水槽の立ち上げが完了です。

水槽の立ち上げを完了してから真鯛を入手して水合わせをしましょう。

水合わせの手順は?真鯛に適した水温や水質は?

真鯛に適した水温は25℃前後です。温帯地域の魚ですので、ある程度の水温には耐性がありますが、高温になりすぎないように注意しましょう。水質は中性に保つようにしましょう。ph8.0前後にします。

水合わせの手順
  1. 水槽のセットが完了したら入手してきた真鯛を袋ごと1時間水槽に浮かべて袋と水槽の水温をあわせます。
  2. 袋の水を3分の1捨て、水槽の水を少量入れて40分程おきます。
  3. これを2~3回繰り返して水質をあわせます。その後ハスのみ水槽に移し、袋の水は捨てます。

餌は何を食べる?1日の量や与える頻度は?

真鯛は肉食魚なので、小魚や赤虫を中心に与えましょう。最初は生き餌を与えて徐々に人工飼料に切り替えていきます。魚の切り身や甲殻類を中心に1日2回食べ切れる量の餌を与えます。生き餌の場合、スーパーに売られているアサリなども好んで食べます。

水換えの時期は?

7日に1回を目安に下記の手順を参考に汚れた水を交換します。

  1. カルキを抜いた淡水を作ります。
  2. 蒸発した分の水を淡水で足します。
  3. 前回の水換え時の塩分濃度に戻れば、水換え完了です。比重計を使い、数値を図りながら行いましょう。

また、月に1回は水槽内・アクセサリー類を洗いましょう。歯ブラシなどを使用して細かい滑りなども取り除きます。

真鯛を飼育する上での注意点

真鯛を飼育する上での注意点真鯛は、水質の悪化には強い方なので、他の魚よりは免疫力の高い魚になりますが、定期的な水換えをしていないと白点病などにかかる場合があるので、餌の食べ残しなどは取り除きましょう。

真鯛が餌を食べない原因は?対処法はあるの?

真鯛の餌の食いつきが悪い場合は、まず、隠れ家などようにライブロックや岩を設置して真鯛が落ち着ける環境を作ってから、餌を改めて与えてみましょう。水質が悪化しているようなら水換えを行い、薬浴や食塩浴で治療しましょう。

真鯛は、より好みしないでよく食べてくれますが、甲殻類や貝類をを食べるようでしたら、人工飼料に慣れていないことが考えられますので、徐々に慣らしてあげるようにしましょう。人工飼料に慣れるまで時間がかかる場合があります。

真鯛の魅力とは?

真鯛真鯛は見た目の美しさも申し分なく、その大きな身体は迫力がある魚です。水中で光るうろこはまさに魚の王様です。様々な魚との混泳もできるのも魅力ですね。

こちらの記事で、真鯛の飼育に興味を持っていただけたら幸いです。





「熱帯魚屋」初めませんか?


アクアリウム生活では、個人の方にも安心して熱帯魚の仕入れができる卸販売サービス「アクスタ卸」を行っております。これから熱帯魚の販売をされる方、卸業者をお探しの方は、価格表をお送り致しますので、是非一度お問い合わせ下さい。
※価格表をお送りする前に審査が必要となる場合がございます。

必須組織形態 法人個人
必須御社名
※法人の場合は会社名・個人の場合は屋号を入力してください
必須ご担当者名
必須メールアドレス
必須電話番号
必須ご住所
必須営業形態 通販のみ店舗のみ両方まだ持っていない
ホームページURL
※すでにHPや通販サイトをお持ちの方はご入力下さい
ご質問・ご要望
※お聞きしたいことなどございましたらご記入下さい

プライバシーポリシーに同意の上でお問い合わせください

返信は土日祝日問わず、24時間以内を心がけておりますが、混みあっている場合は、遅れてしまう場合もございます。また、2日以上たっても返信がない場合は、記入して頂いたメールアドレスに不備がある可能性もございますので、お手数おかけしますが、再度お問い合わせ頂きますようお願いいたします。