デバスズメダイの飼育方法:餌は何を食べる?水槽の立ち上げ方は?

デバスズメダイは、鮮やかな淡いブルーの体色が美しいスズメダイの中でも人気の観賞魚になります。海水魚になり水槽の立ち上げに少しコツが必要な魚ですが、水槽にいれれば主役になる魚で、水槽を綺麗に彩ってくれますよ。

今回は、デバスズメダイの飼育方法や餌、水槽の立ち上げ方などについて紹介していきます。

デバスズメダイとはどんな魚?寿命はどのくらい?

デバスズメダイデバスズメダイは、スズキ目スズメダイ科に属する魚です。国内ですと奄美大島(あまみおおしま)より南で生息を確認できます。西大西洋(たいせいよう)を中心に分布しており、美しい青い身体が特徴的です。成長すると8cm前後になり寿命は5年前後です。

デバスズメダイは、縄ばり意識がそこまで強くないので他の魚とも混泳しやすく、ペットショップでは安価で購入できるところからも初心者の人にも導入しやすい海水魚です。

デバスズメダイ飼育は初心者向き

デバスズメダイは病気にも非常に強く飼育しやすい魚です。また、水質の変化にも強いので管理がしやすく初心者の人にもおすすめです。青色の身体がきれいなことから、カクレクマノミとのセットでの飼育も人気があります。ぜひ海水魚飼育に取り入れたい魚です。

デバスズメダイの販売価格は?購入するときの選び方は?

デバスズメダイは、ペットショップなどで1匹あたり300円前後と安価で購入できます。選び方のポイントは、うろこやヒレが剝がれていない、体色がきれいな個体を選びましょう。全体的に黒い個体はストレスで弱っている可能性があるので避けましょう。

名前:デバスズメダイ(6匹)

税込価格:1,480円

販売サイトで見る

適した水槽の大きさは?

適した水槽の大きさは?デバスズメダイの飼育には最低でも60cmの水槽が必要になります。また、デバスズメダイは複数の群れを成して生活する魚ですので、混泳を考えると90cm以上の飼育が理想的です。

魚の数が多くなると水槽の水が汚れやすくなるので、上部フィルターを設置して水を循環させるように心がけましょう。また、デバスズメダイはサンゴ礁をすみかするので、ライブロックやサンゴ岩を複数設置してあげましょう。

デバスズメダイの飼育に必要なアイテムは?

デバスズメダイを飼育する上で必要なものは以下のアイテムです。

  • 人工海水の元
  • カルキ抜き
  • ろ過装置
  • 人工飼料、冷凍クリル等
  • 温度計
  • ヒーター
  • 比重計

底砂はサンゴ砂などの細かい粒子のものがオススメです。ライブロックなどを設置しやすいように水を入れる前に設置します。ライトは必須ではありませんが付けるなら色が選べるような2色以上ついたものがオススメです。

デバスズメダイの水槽の立ち上げ方

  1. 水道水にカルキ抜きを入れ、水が透明になったら人工海水の元を入れて海水を作り、洗って天日干しした水槽に静かに水を流し入れます。
  2. 水を入れてヒーター、ろ過装置起動、循環させます。
  3. 魚を入れる前に4週間ほどおきます。酸素が水槽内を循環することにより、バクテリアが発生しフィルターに定着するので水質が安定し水が汚れにくくなります。

水槽の立ち上げを完了してから水合わせを行わないと魚の負担になるので注意が必要です。幼魚は抵抗力が弱いので手早く行いましょう。

水合わせの手順は?水温や水質は?

  1. 水温は25℃〜28℃で設定しましょう。塩分濃度が高くなりすぎないように比重計をつかい海水を作りましょう。
  2. 水槽のセットが完了したら購入してきたデバスズメダイを袋ごと1時間水槽に浮かべて袋と水槽の水温をあわせます。
  3. 袋の水を3分の1捨て、水槽の水を少量入れて40分程おきます。これを2〜3回繰り返して水質をあわせます。
  4. デバスズメダイを水槽に移し、袋の水は捨てます。

デバスズメダイが小さいと導入時にストレスを感じて弱ってしまうことがあります。手早く静かに水合わせを行い、デバスズメダイに負担をかけないように注意が必要です。

デバスズメダイ餌は?

デバスズメダイの餌は、サンゴ礁をすみかに小型の甲殻類や動物性たんぱく質を食べます。人工飼料よく食べますが、人工飼料のみですと栄養が偏ってしまうので、冷凍クリルなども含めバランスよく餌を与えることが大事です。

1日の餌の量や回数は?

デバスズメダイの餌の量は1日2回2~3分程度で食べきれる量を与えます。サンゴ岩近くに落とすと食いつきが良いです。

水換えの時期は?

水中の塩分濃度が高くならないように蒸発した分の水を足して水質を合わせます。水質が偏りすぎると丈夫なデバスズメダイでも白点病にかかることがありますので、定期的に淡水を足して水質を一定に保つように心がけましょう。

デバスズメダイを飼育する上での注意点

デバスズメダイを飼育する上での注意点住み分けが水槽内できちんとできていれば、混泳している魚に襲われることも少ないですが、身体が大きい魚との混泳は追突や攻撃される危険があるので避けましょう。

また、海水魚を入れてる水槽に新しくデバスズメダイを加える場合は数日間、食塩浴をして様子を見てから入れるようにしましょう。環境に慣れていない場合は弱ってしまう恐れもありますので、しっかりと水合わせを行ってから加えるようにします。導入時には胃腸に負担をかけないため導入した1日は餌を抜きます。

餌を食べない原因と対処法

デバスズメダイは、他の魚に邪魔されて餌を食べれていない場合があります。浮遊性の餌と沈下性の餌を用意して二ヶ所に複数回少量ずつに分けて与えると良いでしょう。

それでも餌を食べない場合は。水槽内の硝酸塩が高くなっていないか調べます。もし、デバスズメダイの身体のうろこが盛り上がっていたり、赤くただれていたりする場合は細菌感染を起こして衰弱している場合がありますので、水換えをして様子を見ましょう。

自力で泳げないほど弱っている場合には隔離して温度を1℃ほど上げて様子を見ましょう。

デバスズメダイを飼育する魅力とは?

デバスズメダイ海水の管理は立ち上げに時間がかかりますが、一度作ってしまえばそこまで手間はかかりませんし、デバスズメダイの鮮やかな淡いブルーはアクアリウムを一層ひきたててくれます。こちらの記事を参考にデバスズメダイの飼育に興味をもって頂けたら幸いです。





「熱帯魚屋」初めませんか?


アクアリウム生活では、個人の方にも安心して熱帯魚の仕入れができる卸販売サービス「アクスタ卸」を行っております。これから熱帯魚の販売をされる方、卸業者をお探しの方は、価格表をお送り致しますので、是非一度お問い合わせ下さい。
※価格表をお送りする前に審査が必要となる場合がございます。

必須組織形態 法人個人
必須御社名
※法人の場合は会社名・個人の場合は屋号を入力してください
必須ご担当者名
必須メールアドレス
必須電話番号
必須ご住所
必須営業形態 通販のみ店舗のみ両方まだ持っていない
ホームページURL
※すでにHPや通販サイトをお持ちの方はご入力下さい
ご質問・ご要望
※お聞きしたいことなどございましたらご記入下さい

プライバシーポリシーに同意の上でお問い合わせください

返信は土日祝日問わず、24時間以内を心がけておりますが、混みあっている場合は、遅れてしまう場合もございます。また、2日以上たっても返信がない場合は、記入して頂いたメールアドレスに不備がある可能性もございますので、お手数おかけしますが、再度お問い合わせ頂きますようお願いいたします。