モーリーの飼育方法:寿命はどのくらい?混泳や繁殖の注意点

人気のある熱帯魚と言えばネオンテトラやグッピーですが、モーリーも人気があり初心者でも飼育しやすい熱帯魚です。その丸みを帯びた身体と穏やかな性格で人気で、色もカラフルなことから水槽をきれいに彩ってくれますよ。

今回は、そんなモーリーの飼育方法や繁殖・混泳の注意点など紹介していきます。

モーリーとはどんな魚?寿命はどのくらい?


モーリーはメキシコやコロンビアなどに生息する熱帯魚で、成長すると5cm前後になります。小型の熱帯魚で性格もおとなしいため飼いやすく、さまざまな魚との混泳が可能です。

種類も豊富で、丸みを帯びたおなかが深くとがった口が特徴の魚です。主にペットショップで販売されているモーリーはバルーンモーリーやブラックモーリーなどです。平均寿命は3年前後になりますが、5年以上生きた個体もいます。

モーリーの飼育のポイントは?

モーリーは群れで泳ぐ魚ですので、1匹のみではストレスがかかりやすくなり弱ってしまう可能性があります。少なくても3匹は入れるようにしましょう。

モーリーとの混泳はできる?

モーリーは性格が穏やかなので、どの魚とも混泳も可能ですが、気の強い種類との混泳は攻撃されてしまい、すぐに弱ってしまいます。ネオンテトラなどの比較的性格が穏やかな小型熱帯魚と混泳させましょう。

モーリーはどこで販売されてるの?価格は?

モーリーは比較的どこのペットショップや通販などで購入できます。価格は400円前後で気軽に手に入る熱帯魚です。できるだけたくさんの色のモーリーを入れた方が見栄えがよくおすすめですよ。

名前:モーリー(ミックス)

税込価格:918円

販売サイトで見る

モーリーの飼育に適した水槽は?大きさは?

モーリーの飼育に適した水槽は?モーリーは小型の水槽でも飼育可能ですが、水草などをカラフルにレイアウトするのなら60cm水槽からが良いでしょう。数にもよりますが、あまり入れすぎるとストレスになってしまうので、余裕を持った水槽を選びましょう。

モーリーの飼育に必要なアイテムは?

モーリーを飼育する上で必要なものは以下のアイテムです。

  • カルキ抜き
  • ろ過フィルター
  • 顆粒の餌、赤虫、等
  • フタ
  • 温度計
  • ヒーター
  • 隠れ家

底砂は細かいものが良いでしょう。あまり大きなものや角張ったものはモーリーのおなかを傷つける原因になります。

ヒーターにはカバーをセットしてモーリーがやけどしないように気をつけます。餌は人工飼料で問題ありませんが、動きがゆっくりなのと口が小さいので沈下性の顆粒のものがオススメです。テトラなどと混泳している場合には浮遊性と沈下性の2種類があると良いです。

モーリーの飼育準備!水槽の立ち上げ方

モーリーを入手する前に、水槽の立ち上げを完了させておきましょう。

水槽の立ち上げ方
  1. 水槽を購入してきたら一度洗って、天日干しして完全に乾かします。
  2. カルキ抜きを入れて少し置きます。
  3. 洗った砂利を入れて水が透明になったら水を静かに入れヒーターをセットします。
  4. 水温は23℃〜28℃にセットします。
  5. 水を入れたらフィルターを起動させて水を循環させて酸素を流し、バクテリアを発生させてフィルターに定着させます。
  6. 水が完成するまで2日ほどかかります。最低でも一晩はおきましょう。
  7. 水質は弱酸性〜弱アルカリ性に設定します。

以上でモーリーを飼育するための水槽が完成です。

モーリーを水槽に入れるまでの手順は?

水槽の立ち上げが終わったらモーリーを水槽に入れましょう。

  1. 水槽のセットが完了したら購入してきたモーリーを袋ごと水槽に浮かべ、水槽の水と袋の中水温を一緒にしてください。
  2. 水温が同じになったら次に袋の水を3分の1捨てて水槽の水を足します。
  3. そのまま40分程置いて2、3回同じように繰り返します。
  4. 水質が同じになったらモーリーのみを水槽に移します。袋の水は捨てます。

モーリーはストレスを受けやすい魚ですので、購入後の移動は速やかに行い、水合わせは目隠ししながら行うと良いでしょう。

1日の餌の量や水槽の水換え時期と方法は?

1日の餌の量、回数は?

モーリーは人工飼料でもよく食べてくれます。量は1日2回2~3分で食べきれる量を与えます。5匹以上飼育している場合は、時間をずらすなどしてまんべんなく餌を与えられるように工夫しましょう。

水換えの時期は?

1週間に1回水槽の3分の1を新しい水に交換します。全量交換してしまうと魚がびっくりしてしまいますので、前の水も少し残します。水が白っぽく濁る場合にはバクテリアが足りないことがありますので、市販のバクテリアを足すと水質が安定しますよ。

モーリーを飼育する上での注意点

モーリーを飼育する上での注意点モーリーは環境に慣れてしまえば丈夫な熱帯魚ですが、水合わせがうまくいかないと免疫が低下してしまい、白点病になることがあります。白点病を発症した場合は軽度なら水温をあげて食塩浴、複数感染している場合は薬浴をして治癒します。

また、モーリーはおなかが深いため餌をうまく消化できずにガスが腹部にたまってしまうことがあります。もし、モーリーの腹部が膨張している場合は、餌を抜いて便がちゃんとでているかを確認してください。

モーリーが餌を食べない3つの原因

①餌が大きい

モーリーの口は小さいため、餌も少量ずつ食べます。与えている餌が口に入る大きさかどうかチェックしてみましょう。もし大きすぎるようなら小さく砕いて与えます。

②混泳している魚が攻撃している

また混泳している魚に攻撃されていないか確認します。餌を2種類用意するなど工夫して給餌を行うと良いでしょう。

③水質が悪化している

元気がなく衰弱しているようなら水質の悪化が考えられますので、水換えをして様子を見ましょう。病気になっている個体は隔離して治療をしてから餌を与えましょう。

モーリーの繁殖期の注意点は?

モーリーは繁殖期になると雌は稚魚の状態で出産します。繁殖自体は簡単ですが、すぐに違う水槽などに入れないと捕食されてしまうので、素早く隔離しましょう。

モーリーを飼育する魅力とは?

モーリーモーリーは初心者でも始めやすい熱帯魚です。人にもよく慣れて水面に口を出してくる姿はとてもかわいらしく愛着がありますよ。さらに慣れると手にまとわりついてきたり、指から餌を食べたりと大変愛嬌のある熱帯魚です。

このページを参考に、モーリーの飼育に興味を持って頂けたら幸いです。





「熱帯魚屋」初めませんか?


アクアリウム生活では、個人の方にも安心して熱帯魚の仕入れができる卸販売サービス「アクスタ卸」を行っております。これから熱帯魚の販売をされる方、卸業者をお探しの方は、価格表をお送り致しますので、是非一度お問い合わせ下さい。
※価格表をお送りする前に審査が必要となる場合がございます。

必須組織形態 法人個人
必須御社名
※法人の場合は会社名・個人の場合は屋号を入力してください
必須ご担当者名
必須メールアドレス
必須電話番号
必須ご住所
必須営業形態 通販のみ店舗のみ両方まだ持っていない
ホームページURL
※すでにHPや通販サイトをお持ちの方はご入力下さい
ご質問・ご要望
※お聞きしたいことなどございましたらご記入下さい

プライバシーポリシーに同意の上でお問い合わせください

返信は土日祝日問わず、24時間以内を心がけておりますが、混みあっている場合は、遅れてしまう場合もございます。また、2日以上たっても返信がない場合は、記入して頂いたメールアドレスに不備がある可能性もございますので、お手数おかけしますが、再度お問い合わせ頂きますようお願いいたします。