ブラックピラニアの飼育方法:混泳はできる?価格はいくら?

ブラックピラニアは、食人魚などとも呼ばれ、現地で恐れられている魚ですが、実は飼育魚としても需要がある魚です。ブラックピラニアは肉食魚の中でも成長すると大きくなり、大変迫力のアクアリウムが完成しますよ。

今回は、ブラックピラニアの飼育方法や飼い方の注意点などについてまとめました。

ブラックピラニアとはどんな魚?餌は何を食べるの?

ブラックピラニアブラックピラニアは南米(なんべい)のアマゾン川に生息する肉食魚です。

ブラックピラニアは50cm前後に成長し、ピラニアの中でも大きく育ちます。身体が大きくなればなるほどどう猛になりますので飼育するには注意が必要です。

餌は生き餌を好みますが、人工飼料にも慣れます。ついばむように食べるので水は汚れやすいです。残した餌かすは取り除きましょう。

寿命はどのくらい?混泳はできる?

寿命は20年前後と長生きです。混泳はほかの魚を捕食する可能性がありますので同種同士でしかできません。

ブラックピラニアの飼育のコツは?

ブラックピラニアは大きく成長するため、広い飼育スペースが必要です。餌は貪欲に何でも食べますが、餌を食い散らかす食べ方をしますので、こまめな掃除が必要です。ろ過装置は大型のものが必要になります。

ブラックピラニアの価格は?購入するときの選び方は?

ブラックピラニアは1万〜3万円前後と高額です。選び方のポイントは、ある程度成長していて、人工飼料に慣れている個体を選ぶようにしましょう。身体に傷がなく体格がしっかりしている個体を選ぶと抵抗力もあるので長生きしてくれるでしょう。

名前:ブラックピラニア

税込価格:8,619円

販売サイトで見る

ブラックピラニアに適した水槽は?

ブラックピラニアに適した水槽は?ピラニアは身体も大きく暴れやすいので、90cm以上の水槽を準備しましょう。

飛び出し防止のためにふたも頑丈なものを選びます。網なども歯で食い破ってしまう場合がありますので、なるべくしっかりとした素材のものを選びます。流木などを置くと自然環境に近い水槽にすることができます。

生き餌は最初はメダカなどが良いですが、大きくなってきたら小赤などの大きさのある魚に切り替えましょう。冷凍赤虫やクリルなども好んで食べますが量を調節して与えましょう。

飼育するとき水槽以外に準備するものは?

ブラックピラニアを飼育する上で必要なものは以下のアイテムです。

  • カルキ抜き
  • ろ過フィルター
  • 肉食魚の餌、赤虫、生き餌等
  • 重さのあるフタ
  • 温度計
  • ヒーター

底砂は細かい砂利が良いでしょう。砂のような細かいものもストレスを与えない環境です。

ブラックピラニアは暴れやすいので給餌の際に指などをかまれないように注意して与えましょう。また飛び出し防止のためにしっかりとした作りのフタを設置しましょう。重しなどを載せていない場合、フタを突き破る場合があります。

水槽の立ち上げ方は?

  1. 水槽を購入してきたら一度洗って、天日干しして完全に乾かします。
  2. カルキ抜きを入れて少し置きます。
  3. 洗った砂利を入れて水が透明になったら水を静かに入れます。
  4. 水温は23℃〜28℃にセットします。
  5. 水を入れたらフィルターを起動させて水を循環させて酸素を流し、バクテリアを発生させてフィルターに定着させます。
  6. 水が完成するまで2日ほどかかります。最低でも一晩はおきましょう。
  7. 水質をph6.0〜7.5に設定します。

水槽に入れるまでの手順は?

水槽のセットが完了したら購入してきたブラックピラニアを袋ごと水槽に浮かべ、水槽の水と袋の中水温を一緒にしてください。

水温が同じになったら次に袋の水を3分の1捨てて水槽の水を足します。そのまま40分程置いて2、3回同じように繰り返します。水質が同じになったらブラックピラニアのみを水槽に移します。袋の水は捨てます。

暴れて袋をやぶって身体を傷つける恐れがあるので静かに手早く交換します。また手をかまれないように気をつけましょう。

1日の餌の量や水槽の水換え時期と方法は?

1日の餌の量、回数は?

1日2回複数回に分けてピンセットで与えます。なれてくると入れた水面に反応して自分から食べてくれます。慣れるまで時間がかかるので根気強く続けましょう。

水換えの時期は?

1週間に1回水槽の3分の1新しい水に交換します。全量交換してしまうと魚がびっくりしてしまうので、前の水も少し残します。水が白っぽく濁る場合にはバクテリアが足りないことがありますので、市販のバクテリアやカキ殻を足すと水質が安定して良いでしょう。

ブラックピラニアを飼育する上での注意点

ブラックピラニアを飼育する上での注意点ブラックピラニアは丈夫な魚ですが、なんでも口に入れてしまう癖がありますので、元気がない場合は誤飲をしていないか、前日までの食事を確認しましょう。

また水質が急激に変化すると底の方で元気がなくなる場合がありますので水を確認します。冬場は水温が下がりやすいので、ヒーターを設置しましょう。コードなどをかじられないようにテープを巻くなどして器具を保護します。水が大変汚れやすく、水質が悪化しやすいので定期的な水換えが必要です。

餌を食べない場合はどうする?

ブラックピラニアは生き餌の方をよく食べるので、人工飼料に慣れない場合があります。人工飼料は動きをつけるなどして徐々に慣れさせましょう。また数種類の餌を用意するなどして工夫しましょう。

同種同士で混泳している場合、けんかして餌を食べられない場合があります。衰弱している個体はそのまま捕食されてしまう場合がありますので、隔離して様子を見ましょう。身体が傷ついている場合は食塩浴などをして治療します。もし、菌などに感染している場合は薬浴をして治療します。

ブラックピラニアを飼育する魅力は?

ブラックピラニアは迫力がありますが、肉食魚なので飼育にはきちんとした準備が必要な魚です。しかし餌を食べている姿は見応えがあり、一匹でも水槽の主役になる魚です。水槽をアマゾンを再現してみるのも面白いですよ。

是非、ブラックピラニアの飼育に挑戦してみてください。





「熱帯魚屋」初めませんか?


アクアリウム生活では、個人の方にも安心して熱帯魚の仕入れができる卸販売サービス「アクスタ卸」を行っております。これから熱帯魚の販売をされる方、卸業者をお探しの方は、価格表をお送り致しますので、是非一度お問い合わせ下さい。
※価格表をお送りする前に審査が必要となる場合がございます。

必須組織形態 法人個人
必須御社名
※法人の場合は会社名・個人の場合は屋号を入力してください
必須ご担当者名
必須メールアドレス
必須電話番号
必須ご住所
必須営業形態 通販のみ店舗のみ両方まだ持っていない
ホームページURL
※すでにHPや通販サイトをお持ちの方はご入力下さい
ご質問・ご要望
※お聞きしたいことなどございましたらご記入下さい

プライバシーポリシーに同意の上でお問い合わせください

返信は土日祝日問わず、24時間以内を心がけておりますが、混みあっている場合は、遅れてしまう場合もございます。また、2日以上たっても返信がない場合は、記入して頂いたメールアドレスに不備がある可能性もございますので、お手数おかけしますが、再度お問い合わせ頂きますようお願いいたします。