クラウンローチの飼育:混泳はできる?寿命はどれくらい?

鮮やかなオレンジ色の身体と縞(しま)模様が特徴のクラウンローチは観賞魚としても人気の高い熱帯魚です。色とりどりの熱帯魚との混泳も可能ですし、丈夫で飼育もしやすく初心者でも飼いやすい魚です。

今回はクラウンローチの飼育までの手順や混泳の注意点、寿命などについて紹介いたします。

クラウンローチってどんな魚?寿命はどのくらい?

クラウンローチクラウンローチは東南アジアに生息するドジョウの仲間です。他のドジョウとは違い非常に鮮やかな身体が特徴的で、野生の個体は成長すると30cm以上になります。飼育下では15cm前後にとどまることが多いです。

底性の魚ですので、混泳も可能ですが、混泳させる魚が小さすぎると捕食してしまう場合がありますので、注意が必要です。

寿命は15年前後と長生きです。掃除屋としても有能で魚の死骸や餌かすを綺麗に食べてくれます。

クラウンローチの飼い方は難しい?飼うときのコツは?

熱帯魚ですので、温度管理は必要ですが適温が幅広く飼育はしやすいです。餌は人工飼料にも慣れやすいですが、生き餌を好んで食べます。流木の間に入って身体を休めるので流木や隠れ家を設置してあげると裏側に潜り込んで休みます。

クラウンローチを購入するときの選び方は?

大きさにもよりますが、ペットショップで800円〜1,500円前後で手に入ります。身体に白い斑点が出ているもの、明らかに元気がないものは病気に感染している可能性があるので購入は避けましょう。またそういった魚が入っている水槽は水槽全体で感染していることがありますので、購入場所を変更するなどして避けましょう。

名前:クラウンローチ

税込価格:1,270円

販売サイトで見る

クラウンローチに適した水槽は?

クラウンローチに適した水槽は?クラウンローチは10cm~30cmと大型になります。最低でも60cm以上の水槽を用意しましょう。混泳させる魚によってはそれ以上の水槽が必要になります。

クラウンローチは同種同士でも混泳可能で身体が小さいうちは集まって泳ぎます。身体が大きくなるにつれて、だんだんと攻撃的になってきますので、その場合は別の水槽で飼育する必要があります。

同種以外の同じ底性の魚(コリドラス等)に対しては攻撃してしまうことがありますので、底性の魚はクラウンローチで統一するのが良いです。

水槽以外に必要なものは?

クラウンローチを飼育する上で必要なものは以下のアイテムです。

  • カルキ抜き
  • ろ過フィルター
  • 生き餌、沈下性の餌等
  • 隠れ家
  • フタ
  • 温度計

底砂はクラウンローチが潜ってしまう場合があるので敷かない方が良いです。もし用意する場合は目の粗いものを使用します。

餌は底性の魚のため沈下性のものを与えるのが良いでしょう。生き餌の方が食いつきは良く、イトミミズや赤虫、ミジンコなどを好んで食べます。生き餌を少しずつ人工飼料を混ぜて与えます口が小さいので粒が口に入るか確認しましょう。

クラウンローチを飼育するまでの手順は?

  1. 水槽を購入してきたら1度洗って、天日干しして完全に乾かします。
  2. カルキ抜きを入れて少し起き水が透明になったら、水温が変化しないように一定に保ちながら砂利を敷いて、隠れ家、ヒーターを設置して水を静かに入れます。
  3. 水温を25℃〜27℃に設置します。
  4. 水質を弱酸性〜中性にします。
  5. 水を入れたらフィルターを起動させて循環させて酸素を流し、バクテリアを発生させてフィルターに定着させます。
  6. 2日ほど放置します。
  7. ヒーターにてやけどをする場合がありますので、ヒーターカバーをつけましょう。

水槽に入れるまでの手順は?水温や水質は?

水槽のセットが完了したら購入してきたクラウンローチを15分ほど室温に慣らしてから袋ごと水槽につけて1時間置きます。

水温が同じになったら次に袋の水を3分の1捨てて水槽の水を足します。そのまま40分ほど置いて2、3回同じように繰り返します。水質が同じになったらクラウンローチのみ水槽に移します。袋の水は捨てます。

冬場は急激な温度変化に対応できない場合がありますので、ヒーターでゆっくりと水温をあげて一定にしてから水合わを行います。

1日の餌の量や水槽の水換え時期と方法は?

1日の餌の量、回数は?

1日〜2日に1回食べきれる量の餌を与えます。残している餌は水質の悪化につながるので、取り除きましょう。他の魚に取られないように2箇所にあげるなど工夫してあげましょう。

水換えの時期は?

1週間に1回の割合で水換えを行います。水槽の3分の1の水を新しいものに交換します。1度に全て変えてしまうとクラウンローチの負担になりますので避けましょう。夏場は水温が上がりすぎないようにクーラーなどを使用して水換えをしましょう。

クラウンローチを飼育する上での注意点は?

クラウンローチを飼育する上での注意点は?クラウンローチは具合が悪くなると色が薄くなり、黒い斑点が出てきます。他の魚とのけんかなどが原因でこのようになる場合もありますので、そのときは水槽を分けて様子を見ます。水質の悪化が確認できる場合には水換えを行い、薬浴をして様子を見ましょう。

またクラウンローチは白点病にかかりやすいですので、もしものために薬を用意しておくと良いです。1匹が発症している場合他の魚も感染している可能性がありますので、水温を30℃まであげて様子を見ましょう。

餌を食べない場合はどうする?

クラウンローチに餌のサイズがあっているかどうか確認しましょう。できればコリドラス用の餌のような沈下性で静かに崩れるものがオススメです。肉食性でもありますので、イトミミズや赤虫はよく食べます。

魚を同士でけんかしていないかを確認しましょう。クラウンローチは単独で混泳しているとほとんど動きませんので、
同種を何匹かまとめて飼育すると良いでしょう。多くは群を成して活動するため元気に動き、活発に餌も食べるようになります。

クラウンローチを飼育する魅力

クラウンローチクラウンローチの飼育について紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

クラウンローチは大きく成長させれば立派な身体つきになり、抵抗力もつくので長いお付き合いになります。見栄えも十分する魚ですので興味を持っていただければ幸いです。





「熱帯魚屋」初めませんか?


アクアリウム生活では、個人の方にも安心して熱帯魚の仕入れができる卸販売サービス「アクスタ卸」を行っております。これから熱帯魚の販売をされる方、卸業者をお探しの方は、価格表をお送り致しますので、是非一度お問い合わせ下さい。
※価格表をお送りする前に審査が必要となる場合がございます。

必須組織形態 法人個人
必須御社名
※法人の場合は会社名・個人の場合は屋号を入力してください
必須ご担当者名
必須メールアドレス
必須電話番号
必須ご住所
必須営業形態 通販のみ店舗のみ両方まだ持っていない
ホームページURL
※すでにHPや通販サイトをお持ちの方はご入力下さい
ご質問・ご要望
※お聞きしたいことなどございましたらご記入下さい

プライバシーポリシーに同意の上でお問い合わせください

返信は土日祝日問わず、24時間以内を心がけておりますが、混みあっている場合は、遅れてしまう場合もございます。また、2日以上たっても返信がない場合は、記入して頂いたメールアドレスに不備がある可能性もございますので、お手数おかけしますが、再度お問い合わせ頂きますようお願いいたします。