レッドテールキャットフィッシュの飼育:寿命はどのくらい?値段は?

レッドテールキャットフィッシュは大型の古代魚として人気の観賞魚です。よく水族館ではアマゾンの仲間ということで大型の水槽にアロワナ等と展示されていますが、家庭でも飼育可能な古代魚なんですよ。また、人に非常によく慣れ、餌が欲しいときは水際に顔を出したりと愛きょうのある一面も見せてくれます。

今回は、そんなレッドテールキャットフィッシュの飼育方法や飼い方のポイントについてご紹介していきます。

レッドテールキャットフィッシュとはどんな魚?寿命はどのくらい?

レッドテールキャットフィッシュレッドテールキャットフィッシュはナマズ科ピメロドゥス目に属する淡水魚です。アマゾン川流域に生息するナマズで大型観賞魚の定番種になってきました。愛きょうのある顔と立派で丸い身体つきなど独特な形に人気があります。寿命は15年前後と長命で、成長すると身体は野生下では1メートルを超える大型に成長しますが、飼育下では80cm前後にとどまることが多いです。

肉食なので食欲旺盛ですが、その分、成長スピードも早く広い水槽がすぐ必要になります。

レッドテールキャットフィッシュの飼育は簡単?飼うときのコツは?

レッドテールキャットフィッシュは身体が非常に丈夫で飼育は簡単と言われていますが、成長スピードが早く食欲も盛んですので費用がかかります。身体が大きくなればなるほど、力は強くなるので水換えも容易ではありません。中・上級者向けの魚と言えるでしょう。

レッドテールキャットフィッシュの値段は?選び方のポイントは?

レッドテールキャットフィッシュの値段は、5cm前後の幼魚が2,000円前後で販売されています。選び方のポイントは、身体に白い斑点が出ているものは病気の可能性が高いので避けましょ。人工飼料に慣れているものの方が後々飼いやすいのでその点も考慮し購入するときにショップに確認するようにしましょう。

名前:レッドテールキャットフィッシュ

税込価格:1,480円

販売サイトで見る

レッドテールキャットフィッシュとの混泳はできる?

レッドテールキャットフィッシュは、小さな魚など何でも捕食してしまいますので、単独飼育が基本になります。アロワナなどの大きな魚も飲み込んでしまい、窒息してしまうこともあるので混泳は避けた方が良いです。

レッドテールキャットフィッシュに適した水槽は?

レッドテールキャットフィッシュに適した水槽は?レッドテールキャットフィッシュは1メートルを超える大型に成長します。水槽は最低でも90cm以上のものを準備しましょう。日中よりは夜間活発に動き、暗闇を好みますので、風通しの良い日陰に水槽を設定すると良いです。

レッドテールキャットフィッシュの飼育で必要なアイテムは?

レッドテールキャットを飼育する上で必要なものは以下のアイテムです。

  • カルキ抜き
  • ろ過フィルター
  • 生き餌、沈下性の肉食魚の餌等
  • 頑丈なフタ
  • 温度計

底砂はレッドテールキャットフィッシュが飲み込んでしまうことがあるので敷かない方がよいです。また、飼育下では雑食傾向になりますので、水草などは設置しない方が良いです。

水槽の立ち上げ方

レッドテールキャットフィッシュを入手する前に、水槽の立ち上げを完了させておきましょう。

  • 水槽を購入してきたら一度洗って、天日干しして完全に乾かします。
  • カルキ抜きを入れて少し起き水が透明になったら、水温が変化しないように一定にヒーターを設置して水を静かに入れます。
  • 水温は25℃〜27℃に設置します。水質は弱酸性〜中性にします。
  • 水を入れたらフィルターを起動させて循環させて酸素を流し、バクテリアを発生させてフィルターに定着させます。
  • 2日ほど放置します。
  • ヒーターでやけどをする場合がありますので、ヒーターカバーをつけましょう。

これで水槽の立ち上げは完了です。

水合わせの手順は?

水槽のセットが完了したら購入してきたレッドテールキャットフィッシュを15分ほど室温に慣らしてから袋ごと水槽につけて1時間置きます。暴れて袋を破ってしまいますので、静かに目隠しをしながらすると良いです。

水温が同じになったら次に袋の水を3分の1捨てて水槽の水を足します。そのまま40分ほど置いて2、3回同じように繰り返します。水質が同じになったらレッドテールキャットフィッシュのみ水槽に移します。袋の水は捨てます。

冬場は急激な温度変化に対応できない場合がありますので、ヒーターでゆっくりと水温をあげて一定にしてから水合わせを行います。

レッドテールキャットフィッシュの餌は?1日の餌の量や回数は?

レッドテールキャットフィッシュの餌は底性の魚のため沈下性のものを与えるのが良いですよ。人工飼料にも慣れよく食べますが、大きさが出てくると栄養のバランスを考えて和金などの生き餌も混ぜて与えるとよいですよ。量は1日〜2日に1回食べきれる餌を与えます。残している餌は水質の悪化につながりますので、取り除きましょう。与えすぎは消化不良になりますので注意が必要です。

水換えの時期は?

1週間に1回の割合で水換えを行います。水槽の3分の1の水を新しいものに交換します。一度に全て変えてしまうとレッドテールキャットフィッシュの負担になりますので避けましょう。夏場は水温が上がりすぎないようにクーラーなどを使用して水換えをしましょう。

レッドテールキャットフィッシュを飼育する上での注意点

レッドテールキャットフィッシュを飼育する上での注意点レッドテールキャットフィッシュは餌の食べ過ぎによる、消化不良、窒息を起こす危険があります。餌は基本的に丸のみになるので現在のレッドテールキャットフィッシュにあった餌の大きさに調節して与えます。

また、レッドテールキャットフィッシュは水カビ病になる場合がありますので、薬浴して治療をします。暴れて外に飛び出して身体を傷つけることがあるので頑丈なフタを設置しましょう。一度飛び出してしまうとショックで水槽に戻ってからも弱ってしまう場合があるので注意が必要です。

レッドテールキャットフィッシュが餌を食べない原因と対処法

前日に大きすぎる餌を与えていないか、腹部が膨らんでいないかチェックしましょう。消化不良をおこしている場合があるのでその日は絶食させ、水温を30℃にあげて消化を促し様子を見ます。

また、水質が悪化していないか水温が適切かを確認しましょう。もしそれらの変化が見られた場合は水温をゆっくりと戻し、水換えをして様子を見ます。水換えの際に暴れたりするとさらにストレスがかかりますので、手早く行い、その日は絶食させましょう。

レッドテールキャットフィッシュを飼育する魅力は?

レッドテールキャットフィッシュレッドテールキャットフィッシュの飼育について紹介しましたがいかがでしたでしょうか?

レッドテールキャットフィッシュはよくなつき、立派に成長する育てがいのある魚です。また長命なため長いお付き合いになります。こちらの記事を参考にレッドテールキャットフィッシュに興味をもって頂けたら幸いです。





「熱帯魚屋」初めませんか?


アクアリウム生活では、個人の方にも安心して熱帯魚の仕入れができる卸販売サービス「アクスタ卸」を行っております。これから熱帯魚の販売をされる方、卸業者をお探しの方は、価格表をお送り致しますので、是非一度お問い合わせ下さい。
※価格表をお送りする前に審査が必要となる場合がございます。

必須組織形態 法人個人
必須御社名
※法人の場合は会社名・個人の場合は屋号を入力してください
必須ご担当者名
必須メールアドレス
必須電話番号
必須ご住所
必須営業形態 通販のみ店舗のみ両方まだ持っていない
ホームページURL
※すでにHPや通販サイトをお持ちの方はご入力下さい
ご質問・ご要望
※お聞きしたいことなどございましたらご記入下さい

プライバシーポリシーに同意の上でお問い合わせください

返信は土日祝日問わず、24時間以内を心がけておりますが、混みあっている場合は、遅れてしまう場合もございます。また、2日以上たっても返信がない場合は、記入して頂いたメールアドレスに不備がある可能性もございますので、お手数おかけしますが、再度お問い合わせ頂きますようお願いいたします。