オオカミウオの飼育方法:噛まれる可能性もある?値段は?

見た目のインパクトが絶大で、鋭い歯と強靭な顎を持つオオカミウオは水族館などで扱われている海水魚です。凶悪そうな見た目とは裏腹にその性格は臆病で、まだ解明されていない部分も多い魚で、飼育は上級者向けの魚になります。

ユニークな見た目がコアな層に人気の海水魚ですが、「神の魚」という異名をもつ、大変珍しい魚でもあります。

今回はオオカミウオの飼育方法や特徴などを紹介していきます。

オオカミウオとは?寿命はどのくらい?


オオカミウオは硬骨魚網スズキ目オオカミウオ科に分類される海水魚で、大きな顎と鋭い歯が特徴の魚です。東北(とうほく)地方北部からオホーツク海などに生息しており、水深50〜100メートルの岩礁域に生息しています。

寿命は10年前後ですが、飼育下では短命になる傾向にあります。成長すると1メートル前後に成長して、体色は灰色から黒褐色の魚です。

食性は肉食性で小魚や甲殻類、貝類を捕食します。鋭い歯でバリバリと殻ごと食べます。

オオカミウオの飼育は難しい?飼い方のコツは?

オオカミウオは経験者でも飼育が難しい魚です。まず、冷水地域に生息するため、普通の海水魚よりも、さらに低い温度での飼育になります。そのためには基本的に空調は24時間稼働することになるため、コストがかかる観賞魚です。

オオカミウオとの混泳はできる?他の魚は噛まれる?

オオカミウオとの混泳はできる?他の魚は噛まれる?オオカミウオは肉食魚ですので、口に入る魚や甲殻類は捕食しますので、混泳はできません。大型に成長するため、単独での飼育が基本になります。同種同士の混泳でも強靭な歯で相手に噛みつき、喧嘩になってしまいます。

オオカミウオの価格は?選び方のコツは?

オオカミウオはペットショップなどでの販売数が極端に少なく、ネットや漁師さんに生きた個体を譲ってもらうなどの方法で購入するかたちになります。運良く市場に出てきた場合には5,000円前後で販売されていることが多いです。

オオカミウオに適した水槽の大きさは?

オオカミウオに適した水槽の大きさは?オオカミウオは全長1メートルと非常に巨大に成長しますので、終生飼育するためには120cm以上の水槽を用意しましょう。

大型の水槽の水温を保つクーラーやファンが複数必要になります。水槽内の水も汚しやすいので、海水魚の水換えに必要な比重計やお掃除用具も準備するのが良いでしょう。ろ過装置も大型のものが必要になります。

オオカミウオの飼育に必要なアイテムは?

水槽以外には下記のような機材を用意しましょう。

水槽設置に必要な機材

  • 人工海水の元
  • 照明
  • ろ過装置
  • ヒーター、クーラー・冷却ファン
  • 水質調整剤・カルキ抜き
  • エアレーション
  • ガラスブタ

その他の道具

  • 熱帯魚用の網
  • ピンセット、バケツ
  • 掃除グッズ
  • 比重計

オオカミウオオオカミウオは、ウナギのように隙間から脱走することがあるので、フタは頑丈なものを用意しましょう。砂底は使用せずにオーバーフローでの飼育が良いでしょう。身体がやわらかいので、砂底で身体を傷つけてしまうことがありますので注意が必要です。

水槽の立ち上げ方は?

  1. 水道水にカルキ抜きを入れ、透明になるまで待ちます。人工海水の元を入れて海水を作ります。
  2. アクセサリーを洗って水気を切り、レイアウトしましょう。
  3. 水が泡立たないように静かに入れていきます。水が泡立ってしまうと汚れが舞ってしまいなかなか水質が安定しないのでやめましょう。
  4. ろ過装置起動、ヒーターをつけて水を循環させ、水槽内の水に酸素を含ませます。その状態で2ヶ月程おきましょう。
  5. 酸素が水槽内を循環することにより、バクテリアが発生しフィルターに定着したら水質が安定するので水槽の立ち上げが完了です。

水槽の立ち上げを完了してからオオカミウオを入手して水合わせをしましょう。

水合わせの手順は?オオカミウオに適した水温・水質は?

オオカミウオに適した水温は15℃前後です。23℃以上の高温にはならないように気をつけて夏はクーラー等を使用します。水質は中性に保つようにしましょう。ph8.0前後にします。

水合わせの手順
  1. 水槽のセットが完了したら入手してきたオオカミウオを袋ごと1時間水槽に浮かべて袋と水槽の水温をあわせます。
  2. 袋の水を3分の1捨て、水槽の水を少量入れて40分程おきます。
  3. これを2〜3回繰り返して水質をあわせます。その後オオカミウオのみ水槽に移し、袋の水は捨てます。

餌は何を食べる?与える頻度は?

餌は何を食べる?与える頻度は?オオカミウオの餌は、エビや小魚ホタテなどの貝類を与えましょう。基本的には生き餌しかたべません。貝類の殻を砕いて水を汚すので、給餌のたびに取り除きましょう。1日2回2~3分程度で食べ切れる量を与えます。

水換えの時期は?

7日に1回を目安に下記の手順を参考に汚れた水を交換します。

水換えの手順
  1. 新しい水を作ります。
  2. 蒸発した分の水を足し水して塩分濃度を比重計で計ります。
  3. 塩分濃度に問題がなく、水槽が満たされたら水換えが完了です。

月に1回は水槽、岩などを洗いましょう。歯ブラシなどを使用して細かい滑りなども取り除きます。

オオカミウオを飼育する上での注意点は?手を噛まれないように注意!

オオカミウオを飼育する上での注意点は?手を噛まれないように注意!オオカミウオは高温にはとても弱い魚です。常に水槽内は15℃前後を保つ必要があります。一般家庭ではこの低温に保つことが難しく、空調設備は大型のものが必要になりますので、オオカミウオの飼育の課題でもあります。

また、ウナギのように身体が滑っているので、取り扱いの際には落とさないように注意が必要です。顎の力が強く、給餌の際に手を噛まれないように長めのトング等で与えると良いでしょう。

皮膚が傷つくと細菌感染を起こしやすくなりますので、水槽内には障害物は置かないようにします。

オオカミウオが餌を食べない原因は?対策は?

まず、水質悪化していないかチェックしましょう。白点病など病気を発症している時には隔離して、治療をして必要があれば水換えをして様子をみます。

また、オオカミウオは人工飼料は基本的に食いつきません。殻付きの貝やエビなどの生き餌を給餌してください。見た目によらず臆病な性格ですので、強い光や音はストレスになります。拒食になった場合には飼育環境を見直してみましょう。

水槽が狭いとストレスを感じて暴れたり水槽に追突したりする可能性がありますので、様子を観察してみましょう。

オオカミウオの魅力とは

オオカミウオ今回は、オオカミウオの飼育について紹介してきましたがいかがだったでしょうか?

絶大なインパクトをもつオオカミウオは飼育にはコツがいりますが、海水魚として変わり種で、まだまだ解明されていない点が多い不思議な魚です。

生態を観察することで見えてくる部分もありますので、もし新しい発見があった場合は、是非当サイトにお寄せください。





「熱帯魚屋」初めませんか?


アクアリウム生活では、個人の方にも安心して熱帯魚の仕入れができる卸販売サービス「アクスタ卸」を行っております。これから熱帯魚の販売をされる方、卸業者をお探しの方は、価格表をお送り致しますので、是非一度お問い合わせ下さい。
※価格表をお送りする前に審査が必要となる場合がございます。

必須組織形態 法人個人
必須御社名
※法人の場合は会社名・個人の場合は屋号を入力してください
必須ご担当者名
必須メールアドレス
必須電話番号
必須ご住所
必須営業形態 通販のみ店舗のみ両方まだ持っていない
ホームページURL
※すでにHPや通販サイトをお持ちの方はご入力下さい
ご質問・ご要望
※お聞きしたいことなどございましたらご記入下さい

プライバシーポリシーに同意の上でお問い合わせください

返信は土日祝日問わず、24時間以内を心がけておりますが、混みあっている場合は、遅れてしまう場合もございます。また、2日以上たっても返信がない場合は、記入して頂いたメールアドレスに不備がある可能性もございますので、お手数おかけしますが、再度お問い合わせ頂きますようお願いいたします。