アカシマシラヒゲエビ(スカンクシュリンプ)の飼育方法:寿命は?餌は?値段はどのくらい?

混泳している魚の口内や身体についたゴミ、寄生虫を食べてくれる存在として有名なアカシマシラヒゲエビは、赤とはっきりとした白いラインが特徴のエビ類の一種です。その名の由来は、白いヒゲのような触角と白髪のようなラインが入ったところから名づけられたんですよ。別名スカンクシュリンプとも呼ばれています。サンゴ礁周辺に生息するエビなので、見た目の鮮やかなさからも水族館などでもよく見かけます。

今回は、こちらのにアカシマシラヒゲエビの飼育方法について紹介していきます。

アカシマシラヒゲエビとはどんな魚?

画像元:楽天市場

アカシマシラヒゲエビは十脚目に分類されるエビの仲間で、サンゴ礁などに生息する海水域のエビです。寿命は3年前後で、全長30ミリ〜60ミリ程度の大きさに成長します。主な生息地はインド洋で、カリブ海の一部にも生息しています。

食性は雑食性で、混泳相手についた食べ残しや微生物などを捕食していますが、人工飼料も問題なく食べます。

アカシマシラヒゲエビの飼育は難しい?飼い方のポイントは?

アカシマシラヒゲエビは様々な魚との混泳も可能ですので、水槽は作りやすいです。海水魚の飼育を始めたい方にもオススメのエビです。

アカシマシラヒゲエビとの混泳のルールは?

アカシマシラヒゲエビは海水魚との混泳や、同種同士でも混泳が可能です。サンゴ礁の隙間や岩の下などを寝床にして生活しているのでライブロックなどで仕切りを作って隠れ家を複数作ってあげましょう。

泳ぎが早く、性格が荒い魚との混泳はアカシマシラヒゲエビが捕食されてしまうことがありますので避けましょう。サンゴと混泳させる場合には環境を整えてから飼育します。

アカシマシラヒゲエビの値段は?購入するときの選び方は?

アカシマシラヒゲエビはペットショップやネットショップで1,000円前後で入手することが可能です。体色の鮮やかな脚などに欠損のないものを選びましょう。ワンサイズ大きな丈夫で元気な個体を購入するようにします。

名前:アカシマシラヒゲエビ(1匹)

税込価格:1,910円

販売サイトはこちら

アカシマシラヒゲエビに適した水槽の大きさは?

アカシマシラヒゲエビに適した水槽の大きさは?アカシマシラヒゲエビを飼育する場合は最低でも60cm以上の水槽を選ぶようにします。海水魚水槽は水量がないと水が腐敗しやすく、水質を一定に保つのが難しいので、余裕のある水槽を用意します。

サンゴなどと一緒に飼育するときは、混泳させる生き物に合わせて余裕のある水槽を選ぶようにしましょう。ろ過装置は上部フィルターなど受けて浄化作用の高いものを選びます。

アカシマシラヒゲエビの飼育に必要なアイテムは?

水槽以外には下記のような機材を用意しましょう。

水槽設置に必要な機材

  • 人工海水の元
  • 照明器具
  • ろ過装置
  • ヒーター等
  • 水質調整剤・カルキ抜き
  • エアレーション
  • ガラスブタ
  • 温度計

その他の道具

  • 魚用の網
  • ピンセット、バケツ
  • 掃除グッズ
  • エビ用人工飼料

サンゴ砂などのろ過作用のある砂を使用するのがオススメです。粒が細かいものを選ぶと良いでしょう。

アカシマシラヒゲエビの飼育準備!水槽の立ち上げ

水槽の立ち上げを完了してからアカシマシラヒゲエビを入手して水合わせをしましょう。

水槽の立ち上げ方
  1. 水道水にカルキ抜きを入れ、透明になるまで待ちます。人工海水の元を入れて海水を作ります。
  2. 水が泡立たないように静かに入れていきます。水が泡立ってしまうと水中内の汚れが舞ってしまいなかなか水質が安定しないのでやめましょう。
  3. ろ過装置起動、ヒーターをつけて水を循環させ、水槽内の水に酸素を含ませます。その状態で2ヶ月程おきましょう。
  4. 酸素が水槽内を循環することにより、バクテリアが発生しフィルターに定着したら水質が安定するので水槽の立ち上げが完了です。

水合わせの手順は?アカシマシラヒゲエビに適した水温・水質は?

アカシマシラヒゲエビに適した水温は26℃前後です。冬場の水温低下に注意しましょう。水質はアルカリ性に保つようにします。ph8.0前後にすると適応しやすいですよ。ストレスをかけないように目隠しをして手早く水合わせをしましょう。

水合わせの手順
  1. 水槽のセットが完了したら入手してきたアカシマシラヒゲエビを袋ごと1時間水槽に浮かべて袋と水槽の水温をあわせます。
  2. 袋の水を3分の1捨て、水槽の水を少量入れて40分程おきます。
  3. これを2〜3回繰り返して水質をあわせます。その後アカシマシラヒゲエビを水槽に移し、袋の水は捨てます。

アカシマシラヒゲエビの餌は?1日に与える頻度や量は?

アカシマシラヒゲエビは沈下性の人工飼料やブラインシュリンプなどを給餌します。2日に1度程度餌を少量与えましょう。混泳している海水魚の食べ残しなどを食べてくれますが、それだけでは栄養不足になり衰弱死してしまうことがあります。アカシマシラヒゲエビ用に餌をしっかり与えて飢え死にさせないようにしましょう。餌を与える時にはアカシマシラヒゲエビの近くに餌を落とすようして与えましょう。

水換えの時期は?

7日に1回を目安に下記の手順を参考に汚れた水を交換します。隠れ家やアクセサリー類も定期的に洗うようにして清潔に保つようにしましょう。

水換えの手順
  1. 新しい水を用意します。
  2. 水槽の3分の1排水します。
  3. 比重計を使用して塩分濃度に問題がなければ水換え完了です。

アカシマシラヒゲエビがかかりやすい病気は?予防法や対策法は?

アカシマシラヒゲエビがかかりやすい病気は?予防法や対策法は?アカシマシラヒゲエビは丈夫ですのでめったに病気になりませんが、水質が悪化すると白点病や水カビ病になりやすくなるので、定期的に水換えをするようにします。

夏場の高音は苦手ですので、クーラーや冷却ファンを使用しながら水温が上がらないように気をつけます。また、脱皮不全になると脱皮できなかった部分が壊死して感染を起こしてしまうので、水温は一定に保つようにしましょう。冬場ヒーターを使用する際にはやけどしてしまう危険がありますので、カバーをつけるようにします。

アカシマシラヒゲエビが餌を食べない原因は?

アカシマシラヒゲエビはストレスなどが原因で餌を食べないことが多いです。隠れ家に持って行き餌を食べますので、アカシマシラヒゲエビが落ち着いて餌を食べられるように複数隠れ家を設置しましょう。

アカシマシラヒゲエビの魅力とは?

色鮮やかな身体つきが美しいアカシマシラヒゲエビは、観賞魚として十分に見栄えのする種類のエビです。魚との色鮮やかな水槽を作ることもできますし、タンクメイトとしても優秀です。

こちらの記事を参考に飼育していただけたら幸いです。





「熱帯魚屋」初めませんか?


アクアリウム生活では、個人の方にも安心して熱帯魚の仕入れができる卸販売サービス「アクスタ卸」を行っております。これから熱帯魚の販売をされる方、卸業者をお探しの方は、価格表をお送り致しますので、是非一度お問い合わせ下さい。
※価格表をお送りする前に審査が必要となる場合がございます。

必須組織形態 法人個人
必須御社名
※法人の場合は会社名・個人の場合は屋号を入力してください
必須ご担当者名
必須メールアドレス
必須電話番号
必須ご住所
必須営業形態 通販のみ店舗のみ両方まだ持っていない
ホームページURL
※すでにHPや通販サイトをお持ちの方はご入力下さい
ご質問・ご要望
※お聞きしたいことなどございましたらご記入下さい

プライバシーポリシーに同意の上でお問い合わせください

返信は土日祝日問わず、24時間以内を心がけておりますが、混みあっている場合は、遅れてしまう場合もございます。また、2日以上たっても返信がない場合は、記入して頂いたメールアドレスに不備がある可能性もございますので、お手数おかけしますが、再度お問い合わせ頂きますようお願いいたします。