グローライトテトラの飼育方法:気をつける病気は?寿命はどのくらい?

灰褐色の身体に赤のラインが美しいグローライトテトラは観賞魚としても人気の熱帯魚です。暗闇で反射して光る身体の色合いからその名前つけられたんですよ。ペットショップでもポピュラーな種類ですので、入手はむずかしくありません。

今回は、そんなグローライトテトラの飼育方法について紹介していきます。

グローライトテトラとはどんな魚?寿命はどのくらい?

グローライトテトラ画像元:楽天市場

グローライトテトラはカラシン目カラシン科に分類される淡水魚です。南米ギニアのエセギボ川原産の魚で、寿命は3年前後で、成長すると3cm前後に成長します。食性は雑食性で人工飼料でも問題なく食べてくれます。赤虫や藻類なども好んで食べるので、おやつとして与えると良いでしょう。性格も穏やかで人にも慣れやすいです。

グローライトテトラの飼育は難しい?

グローライトテトラの飼育は容易で、初心者にも飼育はしやすいです。混泳はさせやすく初心者の入門の魚としてもおすすめですよ。水草との相性もよくインテリアとしても美しい水槽を作ることができます。

グローライトテトラとの混泳で注意すべきポイントは?

グローライトテトラは同じ小型の熱帯魚とでしたら混泳が可能です。グッピーやネオンテトラと混泳させることで美しい水槽になりますよ。甲殻類と混泳させる場合にはサイズをあわせるようにしましょう。シクリッド種などの気の強い魚や肉食魚との混泳はグローライトテトラが捕食されてしまう場合があるので、混泳させないようにしましょう。

グローライトテトラの選び方は?どこで販売されてるの?

グローライトテトラはペッショップやネットショップでは400円前後で購入することができます。取り扱いのショップも多いので、入手は簡単です。

名前:グローライトテトラ(5匹)

税込価格:550円

販売サイトはこちら

グローライトテトラに適した水槽は45cm

グローライトテトラに適した水槽は45cmグローライトテトラのみの飼育なら30cm程度の小型水槽でも飼育が可能ですが、45cm以上の水槽の方が水質が安定しやすく混泳もさせやすいです。水草水槽との相性も良いですが、柔らかい水草は食べられてしまう場合があるので定期的に取り替えるようにしましょう。フィルターは浄化力の高い底面フィルターや上部フィルターを使用します。

グローライトテトラの飼育に必要なアイテムは?

水槽設置に必要な機材

  • 照明器具
  • ろ過装置
  • ヒーター等
  • 水質調整剤・カルキ抜き
  • エアレーション
  • ガラスブタ
  • 温度計

その他のアイテム

  • 熱帯魚用の人工飼料
  • 魚用の網
  • ピンセット、バケツ
  • 掃除グッズ

砂底は大磯砂などの安価なもので大丈夫です。浄化作用のある砂ですと水換えの手間を軽減することができますよ。

水槽の立ち上げ方

  1. 水道水にカルキ抜きを入れ、透明になるまで待ちます。
  2. 水が泡立たないように静かに入れていきます。水が泡立ってしまうと水中内の汚れが舞ってしまいなかなか水質が安定しないのでやめましょう。
  3. ろ過装置起動、ヒーターをつけて水を循環させ、水槽内の水に酸素を含ませます。その状態で2日程おきましょう。
  4. 酸素が水槽内を循環することにより、バクテリアが発生しフィルターに定着したら水質が安定するので水槽の立ち上げが完了です。

水槽の立ち上げを完了してからグローライトを入手して水合わせをしましょう。

水合わせの手順は?グローライトテトラに適した水温・水質は?

グローライトテトラに適した水温は25℃〜27℃です。冬場の水温低下に注意しましょう。水質は弱酸性、ph7.0前後に保つようにしましょう。

水合わせの手順
  1. 水槽のセットが完了したら入手してきたグローライトテトラを袋ごと1時間水槽に浮かべて袋と水槽の水温をあわせます。
  2. 袋の水を3分の1捨て、水槽の水を少量入れて40分程おきます。
  3. 2を2〜3回繰り返して水質をあわせます。その後グローライトテトラを水槽に移し、袋の水は捨てます。

グローライトテトラの餌は?1日に与える量や頻度は?

グローライトテトラは人工飼料で問題ありません。口のサイズに合わせて粒が小さいものを選ぶとよいですよ。1日2回食べきれる量のを与えましょう。藻類やイトミミズなども好んで食べますので、ときどきおやつとして与えましょう。

水換えの時期は?

7日に1回を目安に下記の手順を参考に汚れた水を交換します。

  1. 新しい水を用意します。
  2. 3分の1の水を排出します。
  3. 水質に問題がなければ水換えを完了です。

砂利などにゴミがたまらないようにアクセサリーも定期的に掃除をして水質が悪化しないように気をつけましょう。

グローライトテトラを飼育する上での注意点は?気をつけるべき病気は?

グローライトテトラを飼育する上での注意点は?気をつけるべき病気は?グローライトテトラは水換えの際に白点病になりやすい傾向にあります。水あわせの際には時間をかけて身体の負担にならないように徐々に慣らすようにしましょう。水質が悪化すると集団で水カビ病などに感染してしまう危険もありますので、定期的に水換えを行い水質が悪化しないように注意しましょう。

また、グローライトテトラは群れて泳ぐことを好む魚ですので複数で飼育してあげましょう。単一で飼育してしまうとストレスを感じて急死してしまうことがあります。

グローライトテトラが餌を食べない原因と対処法

グローライトテトラに餌を与えすぎていないか確認しましょう。腹部が変に膨らんでいたり、底でじっとしていたりする場合には消化不良が考えられます。その場合は、数回絶食させて様子を見ましょう。また、水温を一度あげると新陳代謝が促され、消化を促進する効果が期待できます。

混泳相手に邪魔されて餌を食べられていない場合があるので、よく観察しましょう。もし、攻撃されている個体がいた場合には、隔離して別々に餌を与えるようにしましょう。

グローライトテトラの魅力とは

グローライトテトラはアクアリウムをはじめたい入門編の魚としてもおすすめで、価格もリーズナブルなのが嬉しいですね。ネオンテトラ種を複数集めて泳がせても素敵です。水草メインの水槽に少数泳がせてもおしゃれでインテリア要素の高い水槽に仕上がりますよ。





「熱帯魚屋」初めませんか?


アクアリウム生活では、個人の方にも安心して熱帯魚の仕入れができる卸販売サービス「アクスタ卸」を行っております。これから熱帯魚の販売をされる方、卸業者をお探しの方は、価格表をお送り致しますので、是非一度お問い合わせ下さい。
※価格表をお送りする前に審査が必要となる場合がございます。

必須組織形態 法人個人
必須御社名
※法人の場合は会社名・個人の場合は屋号を入力してください
必須ご担当者名
必須メールアドレス
必須電話番号
必須ご住所
必須営業形態 通販のみ店舗のみ両方まだ持っていない
ホームページURL
※すでにHPや通販サイトをお持ちの方はご入力下さい
ご質問・ご要望
※お聞きしたいことなどございましたらご記入下さい

プライバシーポリシーに同意の上でお問い合わせください

返信は土日祝日問わず、24時間以内を心がけておりますが、混みあっている場合は、遅れてしまう場合もございます。また、2日以上たっても返信がない場合は、記入して頂いたメールアドレスに不備がある可能性もございますので、お手数おかけしますが、再度お問い合わせ頂きますようお願いいたします。