オスカーの飼育方法:適した水槽の立ち上げ方は?餌は何食べる?

オスカーは、鮮やかでワイルドな模様のボディーが印象的な、南米(なんべい)原産の熱帯魚。中型・大型熱帯魚の入門としておすすめされることが多く、世界的にも観賞魚として有名な魚です。飼い主を見分ける賢さを持ち、大きく育って長生きしてくれることも魅力のひとつですよ。

今回は、オスカーの飼育方法や飼い方のコツ、水槽の立ち上げ方や餌などについてご紹介します。

オスカーとはどんな魚?寿命はどのくらい?


オスカーは、スズキ目シクリッド科のアメリカン・シグリットの一種。「オスカー」という名称は英名で、「アストロノータス」という学名でも知られる熱帯魚です。いくつか種類がありますが、全体的にずんぐりしたボディーを持ち、鮮やかで大きな模様を有しているのが特徴的。主にペルー、コロンビア、ブラジルなど南米(なんべい)の河川に生息しています。最大で45cmほど、重さは1.5kgほどまでに成長します。寿命については、種類にもよりますが平均的には10年程度といわれます。

オスカーの飼育は難しい?

オスカーは、一般的な淡水魚と同じ器材で飼育できます。メジャーな熱帯魚なので、情報を得られやすいというメリットもあります。大型の水槽を用意する必要はありますが、慣れれば比較的飼育しやすいといえるでしょう。混泳については、気性が荒いため初心者向きではないといわれています。

オスカーの販売価格は?購入するときの選び方は?

オスカーは、熱帯魚ショップやネット通販などで販売されています。品種改良が進み、さまざまな種類があります。種類やサイズによって価格差があり、ワイルド個体は3万円前後で販売されているようですが、2,000円前後で入手できる種類もあります。

種類:タイガーオスカー

税込価格:756円

販売サイトで見る

名前:レッドオスカー

税込価格:756円

販売サイトで見る

名前:レモンオスカー

税込価格:1,620円

販売サイトで見る

オスカーの飼育に適した水槽は?

オスカーの飼育に適した水槽は?オスカーは最大で45cmほどに成長し、成長スピードも早いので、飼い始めの段階で大型の水槽を用意することをおすすめします。奥行きが45cm以上あれば60cmの水槽でも飼育可能といわれていますが、成長したオスカーにとっては90cm以上の水槽の方が適しているようです。90cm以上あれば終始飼育できますので、途中で水槽を買いなおす必要もなくなります。居住スペースが狭いとストレスや病気の原因にもなりますので、余裕のある水槽を選ぶようにしましょう。

オスカーの飼育に必要なアイテムは?

水槽以外では、次のようなアイテムを準備しましょう。

  • 水槽台、フタ
  • ろ過装置
  • ヒーター、クーラー
  • 水温計
  • 水質測定キット
  • カルキ抜き
  • エアーポンプ
  • ピンセット
  • バケツ 
  • コケ取り

基本的には底砂等は入れず、ベアタンクでの飼育を推奨します。オスカーは底砂を荒らしたり水草を抜いたりする傾向があり、大食いで食べ残しも発生しやすいためです。ジャンプ力があり、生体によっては水面に顔を出してかみつくこともありますので、フタに重しを置きましょう。

水槽の立ち上げ方

  1. 水槽を丸洗いして乾燥させます。
  2. 水槽に水道水を入れてカルキ抜きをします。
  3. 各設備を設置し、バクテリアを入れます。
  4. ろ過フィルターで水槽内の水を循環させましょう。バクテリアを繁殖させるため、数日間は水だけを循環させます。

上記の手順を終え、水槽環境を整えたあとで生体を購入しましょう。オスカーの幼魚を飼う場合は、幼魚の体力や適応能力が低いため、立ち上げて1カ月程たった水槽に入れることが望ましいです。

水槽に入れるまでの手順は?水温や水質は?

オスカーを購入したら、次の手順を参考に水合わせを行いましょう。

  1. 生体が入っているビニール袋を開封せず、30分ほど水槽に浮かべます。
  2. ビニール袋に小さめの穴を開け、袋と水槽の水が混ざるまで30分ほど待ちます。
  3. 生体を水槽に移します。一気に流し込まず、袋を横にした状態で水槽に浮かべ、生体が自分から水槽に移るようにしてあげることがポイントです。

水温は20度~28度、水質は弱酸性~アルカリ性が適しています。生息地の緩やかな川に合わせて、水流は弱めに設定しましょう。

餌は何を食べる?餌の量や与える頻度は?

オスカーは肉食性で赤ヒレなどの生き餌を好みますが、人工飼料も食します。食いしん坊なので、人工飼料を中心にバランスよく与えることをおすすめします。頻度は1日に2回が目安です。

水変えの時期と方法は?

オスカーは餌を食べ散らかすことが多いため、水質が悪化しやすくなります。このため、週に1回は水換えすることをおすすめします。水槽の3分の1程度の水を排水し、カルキ抜きした新しい水を入れましょう。その際に、コケ取りなど水槽内の掃除を行うことも必要です。

オスカーを飼育する上での注意点

オスカーを飼育する上での注意点オスカーは、穴あき病や白点病などにかかりやすいといわれています。穴あき病は、水質の異常やビタミン不足などが原因で発生する病気です。日頃から水質をチェックし、餌をバランスよく与えることが重要です。発病したらグリーンFゴールドなどを餌に混ぜて経口投与しましょう。

白点病は、急激な水質変化などにより発生しやすい病気です。水温を28度~30度程度に上げ、4分の1ほど水量を替えることで治ることもあります。薬剤を用いる場合は、グリーンFクリアやメチレンブルーなどで薬浴させましょう。

餌を食べない場合はどうする?

入荷直後で大型のオスカーの場合、すぐに餌を食べないケースがあるようです。購入する際に、餌についてショップに確認しておくと安心です。

また、オスカーはさまざまな餌を好む傾向が強いため、餌の種類を固定せず、バリエーションを持たせて与えることが重要です。
水槽環境が原因で弱ることもありますので、水温水質をチェックしてみてください。体表や動き等に異常な変化があった場合は病気も疑い、適切に対処するよう心がけましょう。

オスカーを飼育する魅力とは?

オスカーオスカーはかわいい幼魚からどっしりした成魚へ成長するため、とても育てがいのある魚です。種類も豊富なので、自分好みのオスカーを選べるのも魅力のひとつ。飼い方のコツを覚えて、長く大事に育ててあげてくださいね。





「熱帯魚屋」初めませんか?


アクアリウム生活では、個人の方にも安心して熱帯魚の仕入れができる卸販売サービス「アクスタ卸」を行っております。これから熱帯魚の販売をされる方、卸業者をお探しの方は、価格表をお送り致しますので、是非一度お問い合わせ下さい。
※価格表をお送りする前に審査が必要となる場合がございます。

必須組織形態 法人個人
必須御社名
※法人の場合は会社名・個人の場合は屋号を入力してください
必須ご担当者名
必須メールアドレス
必須電話番号
必須ご住所
必須営業形態 通販のみ店舗のみ両方まだ持っていない
ホームページURL
※すでにHPや通販サイトをお持ちの方はご入力下さい
ご質問・ご要望
※お聞きしたいことなどございましたらご記入下さい

プライバシーポリシーに同意の上でお問い合わせください

返信は土日祝日問わず、24時間以内を心がけておりますが、混みあっている場合は、遅れてしまう場合もございます。また、2日以上たっても返信がない場合は、記入して頂いたメールアドレスに不備がある可能性もございますので、お手数おかけしますが、再度お問い合わせ頂きますようお願いいたします。